方法 : Visual C++ プロジェクトを 64 ビット プラットフォーム用に設定する

 

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

Visual Studio でプロジェクト構成を使用して、64 ビットのプラットフォームを対象とするように C++ アプリケーションを設定できます。 Win32 プロジェクトの設定を 64 ビットのプロジェクト構成に移行することもできます。

64 ビットのプラットフォームを対象とするように C++ アプリケーションを設定するには

  1. 構成する C++ プロジェクトを開きます。

  2. そのプロジェクトのプロパティ ページが開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

    System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

    .NET プロジェクトの場合、[構成プロパティ] ノードまたはその子ノードのいずれかが [<プロジェクト名> プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで選択されていることを確認してください。選択されていない場合、[構成マネージャー] ボタンは使用不可のままになります。

  3. [構成マネージャー] ボタンを選択して [構成マネージャー] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. [アクティブ ソリューション プラットフォーム] ドロップダウン リストで、<新規…> オプションを選択して [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスを開きます。

  5. [新しいプラットフォームを入力または選択してください] ドロップダウン リストで、64 ビットのプラットフォームを選択します。

    System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

    [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスで、[設定のコピー元] オプションを使用して、既存のプロジェクト設定を新しい 64 ビットのプロジェクト構成にコピーします。

  6. [OK] を選択します。 前の手順で選択したプラットフォームが [構成マネージャー] ダイアログ ボックスの [アクティブ ソリューション プラットフォーム] の下に表示されます。

  7. [構成マネージャー] ダイアログ ボックスの [閉じる] ボタンを選択し、[<プロジェクト名> プロパティ ページ] ダイアログ ボックスの [OK] ボタンを選択します。

Win32 プロジェクトの設定を 64 ビットのプロジェクト構成に移行するには

  • 64 ビットのプラットフォームを対象とするプロジェクトの設定中に [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスが開いたら、[設定のコピー元] ドロップダウン リストで [Win32] を選択します。 これらのプロジェクト設定は、プロジェクト レベルで自動的に更新されます。

    System_CAPS_ICON_note.jpg メモ

    プロジェクトのプロパティは、ファイル レベルでオーバーライドされる場合、いずれも変更されません。

64 ビット アプリケーション
64 ビット用プログラムの構成
64 ビット アプリケーションをデバッグする

表示: