このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

方法 : Visual C++ プロジェクトを 64 ビット プラットフォーム用に設定する

このトピックでは、Visual Studio 統合開発環境 (IDE: Integrated Development Environment) で利用できるプロジェクト構成を使用して、C++ アプリケーションを 64 ビット プラットフォーム用に設定する方法を説明します。

64 ビット アプリケーションを開発するには、Visual C++ 64 ビット コンパイラの両方またはいずれかをインストールする必要があります。それ以外の場合、64 ビット プロジェクト構成は IDE で使用できません。詳細については、「Visual Studio 64 ビット コンポーネントのインストール」を参照してください。

Noteメモ :

既定では、Visual C++ Express Edition で 64 ビット ツールを使用することはできません。Visual C++ Express Edition で 64 ビット ツールを使用可能にするには、Visual C++ Express Edition の他に、.NET Framework SDK をインストールしてください。それ以外の場合は、Visual C++ Express Edition を使用して 64 ビット プラットフォーム用にプロジェクトを設定しようとすると、エラーが発生します。

1 つ目の手順では、Visual Studio IDE を使用して、アクティブなプロジェクト構成を 64 ビット プラットフォーム用に変更する方法について説明します。2 つ目の手順では、Win32 プロジェクトの設定を 64 ビット プロジェクト構成に移行する方法について説明します。

C++ アプリケーションを 64 ビット プラットフォーム用に設定するには

  1. 64 ビット プラットフォーム用に設定する C++ プロジェクトを開きます。

  2. そのプロジェクトのプロパティ ページを開きます。詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

    Noteメモ :

    .NET プロジェクトの場合は、[構成プロパティ] ノードまたはそのいずれかの子ノードが [<プロジェクト名> プロパティ ページ] ダイアログ ボックスで選択されていることを確認します。それ以外の場合、[構成マネージャ] は無効のままです。

  3. [構成マネージャ] をクリックして [構成マネージャ] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. [アクティブ ソリューション プラットフォーム] ボックスをクリックし、[<新規作成...>] をクリックして、[新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスを開きます。

  5. [新しいプラットフォームを入力または選択してください] のドロップダウン矢印をクリックし、64 ビット プラットフォームを選択します。

    Noteメモ :

    [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスでは、[設定のコピー元] を使用して、既存のプロジェクト設定を新規の 64 ビット プロジェクト構成にコピーできます。

  6. [OK] をクリックします。[構成マネージャ] ダイアログ ボックスの [アクティブ ソリューション プラットフォーム] に、前の手順で選択したプラットフォームが表示されます。

  7. [構成マネージャ] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックし、次に [<プロジェクト名> プロパティ ページ] ダイアログ ボックスの [OK] をクリックします。

Win32 プロジェクト設定を 64 ビット プロジェクト構成にコピーするには

  • プロジェクトを 64 ビット プラットフォーム用に設定しているときに [新しいソリューション プラットフォーム] ダイアログ ボックスが開いた場合は、[設定のコピー元] ドロップダウン矢印をクリックし、[win32] をクリックします。プロジェクト レベルで自動的に更新されるプロジェクト設定は次のとおりです。

    Noteメモ :

    ファイル レベルでオーバーライドされる場合、これらのプロジェクト プロパティはいずれも変更されません。

参照

表示: