情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

DateTimeStyles 列挙体

2013/12/12

いくつかの DateTime 解析メソッドと DateTimeOffset 解析メソッドによる文字列の解析をカスタマイズする形式指定オプションを定義します。

この列挙体には、メンバー値のビットごとの組み合わせを可能にする FlagsAttribute 属性が含まれています。

Namespace:  System.Globalization
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

[FlagsAttribute]
public enum DateTimeStyles

メンバー名説明
AdjustToUniversal日付と時刻を世界協定時刻 (UTC) として返します。入力文字列に現地時刻が指定されている場合 (タイム ゾーン指定子または AssumeLocal を使用)、日付と時刻は現地時刻から UTC に変換されます。入力文字列に UTC 時刻が指定されている場合 (タイム ゾーン指定子または AssumeUniversal を使用)、変換は実行されません。入力文字列に現地時刻も UTC 時刻も指定されていない場合、変換は実行されず、結果の Kind プロパティは Unspecified になります。

RoundtripKind と共には使用できません。

AllowInnerWhiteDateTimeFormatInfo 形式パターンに従っている場合を除き、解析中に文字列の中間部分に存在する空白文字を無視します。
AllowLeadingWhiteDateTimeFormatInfo 形式パターンに従っている場合を除き、解析中に先行する空白文字を無視します。
AllowTrailingWhiteDateTimeFormatInfo 形式パターンに従っている場合を除き、解析中に末尾の空白文字を無視します。
AllowWhiteSpacesDateTimeFormatInfo 形式パターンに従っている場合を除き、解析中に文字列に含まれている空白文字を無視します。この値は、AllowLeadingWhiteAllowTrailingWhiteAllowInnerWhite の各値の組み合わせです。
AssumeLocal解析対象文字列にタイム ゾーン指定がない場合、その文字列は現地時間を示していると見なされます。

AssumeUniversal または RoundtripKind で使用することはできません。

AssumeUniversal解析対象文字列にタイム ゾーン指定がない場合、その文字列は UTC を示していると見なされます。

AssumeLocal または RoundtripKind で使用することはできません。

NoCurrentDateDefault解析した文字列に含まれているのが時刻のみで日付がない場合、解析を行うメソッドは、年 = 1、月 = 1、および日 = 1 のグレゴリオ暦の日付であると想定します。この値を使用しない場合は、現在の日付が想定されます。
None既定の形式指定オプションを使用します。この値は、DateTime.ParseDateTime.ParseExact、および DateTime.TryParse の既定のスタイルを表します。
RoundtripKindタイム ゾーン情報を保持する文字列に対して、DateTime メソッドを使用した解析操作を実行する場合に、ローカルの (Kind プロパティが DateTimeKind.Local に設定された) DateTime 値に変換されるのを防ぎます。DateTimeOffset 値の場合、このフラグは無効です。

DateTimeStyles 列挙体は、次のメソッドの解析操作を制御するパラメーターとして使用します。

ParseExact メソッドおよび TryParseExact メソッドは、任意の DateTimeStyles 値を使用できます。ただし、Allow* 値が選択されていない場合、入力文字列には形式指定文字列とまったく同じ空白文字が必要です。

入力文字列にタイム ゾーンを示す情報が含まれていない場合、解析メソッドは、日付と時刻が現地時刻を表すものと想定し、DateTime.Kind プロパティを DateTimeKind.Local に設定するか、DateTimeOffset.Offset プロパティをローカル システムのタイム ゾーン オフセットに設定します。この日付と時刻を世界協定時刻 (UTC) に変換するには、AdjustToUniversal 値を使用します。ToUniversalTime を使用しても同じ結果が得られます。ただし、AdjustToUniversal 値を使用する方が効率的です。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: