この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

カレンダーの使用

 

日時の値は特定の時点を表しますが、その文字列形式はカルチャに依存し、特定のカルチャで日時の値の表示に使用される規則と、そのカルチャで使用される暦の両方に応じて決まります。 このトピックでは、.NET Framework でサポートされる暦を紹介し、Calendar クラスを使用した日付の値の操作について説明します。

.NET Framework の暦はすべて、基本の暦の実装を提供する System.Globalization.Calendar クラスから派生します。 Calendar クラスを継承するクラスの 1 つに EastAsianLunisolarCalendar クラスがあります。これは、すべての太陰太陽暦の基本クラスです。 .NET Framework には、次の暦の実装が含まれています。

暦は、次の 2 とおりの方法で使用できます。

  • 特定のカルチャで使用される暦として使用する。 CultureInfo オブジェクトにはそれぞれ、現在の暦 (オブジェクトで現在使用している暦) があります。 あらゆる日付と時刻の値の文字列形式には、現在のカルチャとその現在の暦が自動的に反映されます。 通常、現在の暦は、カルチャの既定の暦になります。 CultureInfo オブジェクトには、それ以外に、オプションの暦 (そのカルチャで使用できるその他の暦) も含まれています。

  • 特定のカルチャに依存しないスタンドアロンの暦として使用する。 この場合、暦が反映された値として日付を表すには、Calendar のメソッドを使用します。

ChineseLunisolarCalendarJapaneseLunisolarCalendarJulianCalendarKoreanLunisolarCalendarPersianCalendar、および TaiwanLunisolarCalendar の 6 つの Calendar クラスは、スタンドアロンの暦としてのみ使用できます。 これらは、どのカルチャでも、既定の暦またはオプションの暦としては使用されません。

各カルチャには既定の暦があり、CultureInfo.Calendar プロパティで定義されます。 CultureInfo.OptionalCalendars プロパティは、特定のカルチャでサポートされるすべての暦を指定する Calendar オブジェクトの配列を返します。これには、そのカルチャの既定の暦も含まれます。

CultureInfo.Calendar プロパティと CultureInfo.OptionalCalendars プロパティの例を次に示します。 この例では、タイ語 (タイ) と日本語 (日本) のカルチャの CultureInfo オブジェクトをそれぞれ作成し、それらの既定の暦とオプションの暦を表示します。 どちらについても、カルチャの既定の暦は CultureInfo.OptionalCalendars コレクションにも含まれます。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Create a CultureInfo for Thai in Thailand.
      CultureInfo th = CultureInfo.CreateSpecificCulture("th-TH");
      DisplayCalendars(th);

      // Create a CultureInfo for Japanese in Japan.
      CultureInfo ja = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ja-JP");
      DisplayCalendars(ja);
   }

   static void DisplayCalendars(CultureInfo ci)
   {
      Console.WriteLine("Calendars for the {0} culture:", ci.Name);

      // Get the culture's default calendar.
      Calendar defaultCalendar = ci.Calendar;
      Console.Write("   Default Calendar: {0}", GetCalendarName(defaultCalendar));      

      if (defaultCalendar is GregorianCalendar)
         Console.WriteLine(" ({0})", 
                           ((GregorianCalendar) defaultCalendar).CalendarType);
      else
         Console.WriteLine();

      // Get the culture's optional calendars.
      Console.WriteLine("   Optional Calendars:");      
      foreach (var optionalCalendar in ci.OptionalCalendars) {
         Console.Write("{0,6}{1}", "", GetCalendarName(optionalCalendar));
         if (optionalCalendar is GregorianCalendar)
            Console.Write(" ({0})", 
                          ((GregorianCalendar) optionalCalendar).CalendarType);

         Console.WriteLine();
      }
      Console.WriteLine();
   }

   static string GetCalendarName(Calendar cal)
   {
      return cal.ToString().Replace("System.Globalization.", "");
   }
}
// The example displays the following output:
//       Calendars for the th-TH culture:
//          Default Calendar: ThaiBuddhistCalendar
//          Optional Calendars:
//             ThaiBuddhistCalendar
//             GregorianCalendar (Localized)
//       
//       Calendars for the ja-JP culture:
//          Default Calendar: GregorianCalendar (Localized)
//          Optional Calendars:
//             GregorianCalendar (Localized)
//             JapaneseCalendar
//             GregorianCalendar (USEnglish)

特定の CultureInfo オブジェクトで現在使用されている暦は、カルチャの DateTimeFormatInfo.Calendar プロパティで定義されます。 カルチャの DateTimeFormatInfo オブジェクトは、CultureInfo.DateTimeFormat プロパティから返されます。 カルチャの作成時の既定値は CultureInfo.Calendar プロパティの値と同じですが、 カルチャの現在の暦は、CultureInfo.OptionalCalendars プロパティから返される配列に含まれる任意の暦に変更することができます。 現在の暦を CultureInfo.OptionalCalendars プロパティの値に含まれない暦に設定しようとすると、ArgumentException がスローされます。

アラビア語 (サウジアラビア) のカルチャで使用する暦を変更する例を次に示します。 まず、DateTime 値をインスタンス化し、現在のカルチャ (この例では英語 (米国)) と現在のカルチャの暦 (この例ではグレゴリオ暦) を使用して日付を表示します。 次に、現在のカルチャをアラビア語 (サウジアラビア) に変更し、そのカルチャの既定のウムアルクラ暦を使用して日付を表示します。 さらに、CalendarExists メソッドを呼び出して、アラビア語 (サウジアラビア) のカルチャで回教暦がサポートされているかどうかを判別します。 この暦はサポートされているため、現在の暦を回教暦に変更し、日付をもう一度表示します。 いずれの場合も、日付は、現在のカルチャの現在の暦を使用して表示されます。

using System;
using System.Globalization;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      DateTime date1 = new DateTime(2011, 6, 20);

      DisplayCurrentInfo();
      // Display the date using the current culture and calendar.
      Console.WriteLine(date1.ToString("d"));       
      Console.WriteLine();

      CultureInfo arSA = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ar-SA");

      // Change the current culture to Arabic (Saudi Arabia).
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = arSA;
      // Display date and information about the current culture.
      DisplayCurrentInfo();
      Console.WriteLine(date1.ToString("d"));
      Console.WriteLine();

      // Change the calendar to Hijri.
      Calendar hijri = new HijriCalendar();
      if (CalendarExists(arSA, hijri)) {
         arSA.DateTimeFormat.Calendar = hijri;
         // Display date and information about the current culture.
         DisplayCurrentInfo();
         Console.WriteLine(date1.ToString("d"));
      }       
   }

   private static void DisplayCurrentInfo()
   {
      Console.WriteLine("Current Culture: {0}", 
                        CultureInfo.CurrentCulture.Name);
      Console.WriteLine("Current Calendar: {0}", 
                        DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.Calendar);
   }

   private static bool CalendarExists(CultureInfo culture, Calendar cal)
   {
      foreach (Calendar optionalCalendar in culture.OptionalCalendars)
         if (cal.ToString().Equals(optionalCalendar.ToString())) 
            return true;

      return false;
   }
}
// The example displays the following output:
//    Current Culture: en-US
//    Current Calendar: System.Globalization.GregorianCalendar
//    6/20/2011
//    
//    Current Culture: ar-SA
//    Current Calendar: System.Globalization.UmAlQuraCalendar
//    18/07/32
//    
//    Current Culture: ar-SA
//    Current Calendar: System.Globalization.HijriCalendar
//    19/07/32

Calendar 型のパラメーターを含み、指定した暦の値を日付の要素 (月、日、および年) に反映できるコンストラクターは例外として、DateTimeDateTimeOffset の値は、どちらも常にグレゴリオ暦に基づきます。 つまり、たとえば DateTime.Year プロパティはグレゴリオ暦の年を返し、DateTime.Day プロパティはグレゴリオ暦の月の日付を返します。

System_CAPS_important重要

日付の値とその文字列形式で処理が異なることに注意してください。 日付の値はグレゴリオ暦に基づき、文字列形式は特定のカルチャの現在の暦に基づきます。

次の例は、DateTime のプロパティと、それに対応する Calendar のメソッドの違いを示しています。 この例では、現在のカルチャはアラビア語 (エジプト)、現在の暦はウムアルクラ暦です。 DateTime 値は、2011 年の 7 番目の月の 15 番目の日に設定されています。 この値は、明らかにグレゴリオ暦の日付と解釈されます。DateTime.ToString(String, IFormatProvider) メソッドでインバリアント カルチャの規則を使用した場合に、これらと同じ値が返されるためです。 現在のカルチャの規則を使用して書式指定された日付の文字列形式は 14/08/32 です。これは、この日付に相当するウムアルクラ暦の日付です。 次に、DateTimeCalendar のメンバーを使用して、DateTime 値の日、月、および年が返されます。 いずれの場合も、DateTime のメンバーから返される値にはグレゴリオ暦の値が反映され、UmAlQuraCalendar のメンバーから返される値にはウムアルクラ暦の値が反映されます。

using System;
using System.Globalization;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Make Arabic (Egypt) the current culture 
      // and Umm al-Qura calendar the current calendar. 
      CultureInfo arEG = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ar-EG");
      Calendar cal = new UmAlQuraCalendar();
      arEG.DateTimeFormat.Calendar = cal;
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = arEG;

      // Display information on current culture and calendar.
      DisplayCurrentInfo();      

      // Instantiate a date object.
      DateTime date1 = new DateTime(2011, 7, 15);

      // Display the string representation of the date.
      Console.WriteLine("Date: {0:d}", date1);
      Console.WriteLine("Date in the Invariant Culture: {0}", 
                        date1.ToString("d", CultureInfo.InvariantCulture));
      Console.WriteLine();

      // Compare DateTime properties and Calendar methods.
      Console.WriteLine("DateTime.Month property: {0}", date1.Month);
      Console.WriteLine("UmAlQura.GetMonth: {0}", 
                        cal.GetMonth(date1));
      Console.WriteLine();

      Console.WriteLine("DateTime.Day property: {0}", date1.Day);
      Console.WriteLine("UmAlQura.GetDayOfMonth: {0}", 
                        cal.GetDayOfMonth(date1));                         
      Console.WriteLine();

      Console.WriteLine("DateTime.Year property: {0:D4}", date1.Year);
      Console.WriteLine("UmAlQura.GetYear: {0}", 
                        cal.GetYear(date1));                         
      Console.WriteLine();
   }

   private static void DisplayCurrentInfo()
   {
      Console.WriteLine("Current Culture: {0}", 
                        CultureInfo.CurrentCulture.Name);
      Console.WriteLine("Current Calendar: {0}", 
                        DateTimeFormatInfo.CurrentInfo.Calendar);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Current Culture: ar-EG
//    Current Calendar: System.Globalization.UmAlQuraCalendar
//    Date: 14/08/32
//    Date in the Invariant Culture: 07/15/2011
//    
//    DateTime.Month property: 7
//    UmAlQura.GetMonth: 8
//    
//    DateTime.Day property: 15
//    UmAlQura.GetDayOfMonth: 14
//    
//    DateTime.Year property: 2011
//    UmAlQura.GetYear: 1432

DateTimeDateTimeOffset の値はグレゴリオ暦に基づくため、別の暦の日、月、または年の値を使用する場合は、Calendar 型のパラメーターを含むオーバーロードされたコンストラクターを呼び出して日付の値をインスタンス化する必要があります。 また、特定の暦の Calendar.ToDateTime メソッドのいずれかのオーバーロードを呼び出して、特定の暦の値に基づいて DateTime オブジェクトをインスタンス化することもできます。

次の例では、HebrewCalendar オブジェクトを DateTime コンストラクターに渡して 1 つの DateTime 値をインスタンス化し、HebrewCalendar.ToDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) メソッドを呼び出してもう 1 つの DateTime 値をインスタンス化しています。 2 つの値はヘブライ暦の同一の値を使用して作成されるため、DateTime.Equals メソッドを呼び出すと、2 つの DateTime 値が等しいことが示されます。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      HebrewCalendar hc = new HebrewCalendar();

      DateTime date1 = new DateTime(5771, 6, 1, hc);
      DateTime date2 = hc.ToDateTime(5771, 6, 1, 0, 0, 0, 0);

      Console.WriteLine("{0:d} (Gregorian) = {1:d2}/{2:d2}/{3:d4} ({4}): {5}",
                        date1, 
                        hc.GetMonth(date2),
                        hc.GetDayOfMonth(date2),
                        hc.GetYear(date2), 
                        GetCalendarName(hc),
                        date1.Equals(date2));
   }

   private static string GetCalendarName(Calendar cal)
   {
      return cal.ToString().Replace("System.Globalization.", ""). 
                            Replace("Calendar", "");
   }
}
// The example displays the following output:
//    2/5/2011 (Gregorian) = 06/01/5771 (Hebrew): True

日時書式指定メソッドでは、日付を文字列に変換する際に、常に現在の暦を使用します。 つまり、年、月、および日の文字列形式には現在の暦が反映され、必ずしもグレゴリオ暦が反映されるとは限りません。

次の例は、現在の暦が日付の文字列形式にどのように影響するかを示しています。 この例では、現在のカルチャを中国語 (繁体字、台湾) に変更し、日付の値をインスタンス化します。 その後、現在の暦と日付を表示し、現在の暦を TaiwanCalendar に変更して、現在の暦と日付をもう一度表示します。 最初に日付を表示したときは、日付がグレゴリオ暦の日付として表され、 2 回目に表示したときは、台湾暦の日付として表されます。

using System;
using System.Globalization;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      // Change the current culture to zh-TW.
      CultureInfo zhTW = CultureInfo.CreateSpecificCulture("zh-TW");
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = zhTW;
      // Define a date.
      DateTime date1 = new DateTime(2011, 1, 16);

      // Display the date using the default (Gregorian) calendar.
      Console.WriteLine("Current calendar: {0}", 
                        zhTW.DateTimeFormat.Calendar);
      Console.WriteLine(date1.ToString("d"));

      // Change the current calendar and display the date.
      zhTW.DateTimeFormat.Calendar = new TaiwanCalendar();      
      Console.WriteLine("Current calendar: {0}", 
                        zhTW.DateTimeFormat.Calendar);
      Console.WriteLine(date1.ToString("d"));
   }
}
// The example displays the following output:
//    Current calendar: System.Globalization.GregorianCalendar
//    2011/1/16
//    Current calendar: System.Globalization.TaiwanCalendar
//    100/1/16

特定のカルチャの現在の暦以外の暦を使用して日付を表すには、その Calendar オブジェクトのメソッドを呼び出す必要があります。 たとえば、Calendar.GetYearCalendar.GetMonth、および Calendar.GetDayOfMonth の各メソッドは、それぞれ年、月、および日を、特定の暦を反映した値に変換します。

System_CAPS_warning警告

一部の暦はどのカルチャのオプションの暦にもなっていないため、そのような暦で日付を表す場合は、常に Calendar のメソッドを呼び出す必要があります。 これは、EastAsianLunisolarCalendar クラス、JulianCalendar クラス、および PersianCalendar クラスから派生したすべての暦に当てはまります。

次の例では、JulianCalendar オブジェクトを使用して、ユリウス暦の 1905 年 1 月 9 日という日付をインスタンス化します。 この日付を既定の暦 (グレゴリオ暦) を使用して表示した場合は、1905 年 1 月 22 日と表されます。 JulianCalendar の各メソッドを呼び出すことで、この日付をユリウス暦で表すことができます。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      JulianCalendar julian = new JulianCalendar();
      DateTime date1 = new DateTime(1905, 1, 9, julian);

      Console.WriteLine("Date ({0}): {1:d}", 
                        CultureInfo.CurrentCulture.Calendar,
                        date1);
      Console.WriteLine("Date in Julian calendar: {0:d2}/{1:d2}/{2:d4}",
                        julian.GetMonth(date1),
                        julian.GetDayOfMonth(date1),
                        julian.GetYear(date1));
   }
}
// The example displays the following output:
//    Date (System.Globalization.GregorianCalendar): 1/22/1905
//    Date in Julian calendar: 01/09/1905

暦でサポートされている最も古い日付は、暦の Calendar.MinSupportedDateTime プロパティによって示されます。 GregorianCalendar クラスでは、その日付は西暦 0001 年 1 月 1 日 です。.NET Framework の他のほとんどのカレンダーでは、それより後の日付がサポートされています。 暦でサポートされている最も古い日付より前の日付と時刻の値を処理しようとすると、ArgumentOutOfRangeException 例外がスローされます。

ただし、重要な例外が 1 つあります。 DateTime オブジェクトと DateTimeOffset オブジェクトの既定の (初期化されていない) 値は、GregorianCalendar.MinSupportedDateTime 値と同じです。 西暦 0001 年 1 月 1 日をサポートしていない暦でこの日付を書式設定しようとすると、書式指定子を指定しない場合、書式設定メソッドは "G" (一般の日付と時刻のパターン) 書式指定子でなく、"s" (並べ替え可能な日付と時刻のパターン) 書式指定子を使用します。 その結果、書式設定操作は ArgumentOutOfRangeException 例外をスローしません。 代わりに、サポートされていない日付を返します。 この問題を、次の例で説明します。この例は、現在のカルチャが日本語 (日本) に設定されていれば和暦で、アラビア語 (エジプト) に設定されていればウムアルクラ暦で、DateTime.MinValue の値を表示します。 また、現在のカルチャを英語 (米国) に設定し、これらの各 CultureInfo オブジェクトで DateTime.ToString(IFormatProvider) メソッドを呼び出します。 どの場合も、並べ替え可能な日付と時刻のパターンを使用して、日付が表示されます。

using System;
using System.Globalization;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      DateTime dat = DateTime.MinValue;

      // Change the current culture to ja-JP with the Japanese Calendar.
      CultureInfo jaJP = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ja-JP");
      jaJP.DateTimeFormat.Calendar = new JapaneseCalendar();
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = jaJP;
      Console.WriteLine("Earliest supported date by {1} calendar: {0:d}", 
                        jaJP.DateTimeFormat.Calendar.MinSupportedDateTime,
                        GetCalendarName(jaJP));
      // Attempt to display the date.
      Console.WriteLine(dat.ToString());     
      Console.WriteLine();

      // Change the current culture to ar-EG with the Um Al Qura calendar.
      CultureInfo arEG = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ar-EG");
      arEG.DateTimeFormat.Calendar = new UmAlQuraCalendar();
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = arEG;
      Console.WriteLine("Earliest supported date by {1} calendar: {0:d}", 
                        arEG.DateTimeFormat.Calendar.MinSupportedDateTime,
                        GetCalendarName(arEG));
      // Attempt to display the date.
      Console.WriteLine(dat.ToString());     
      Console.WriteLine();

      // Change the current culture to en-US.
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US");
      Console.WriteLine(dat.ToString(jaJP));
      Console.WriteLine(dat.ToString(arEG));
      Console.WriteLine(dat.ToString("d"));
   }

   private static string GetCalendarName(CultureInfo culture)
   {
      Calendar cal = culture.DateTimeFormat.Calendar;
      return cal.GetType().Name.Replace("System.Globalization.", "").Replace("Calendar", "");  
   }
}
// The example displays the following output:
//       Earliest supported date by Japanese calendar: 明治 1/9/8
//       0001-01-01T00:00:00
//       
//       Earliest supported date by UmAlQura calendar: 01/01/18
//       0001-01-01T00:00:00
//       
//       0001-01-01T00:00:00
//       0001-01-01T00:00:00
//       1/1/0001

暦では通常、日付が時代 (年号) に分けられます。 ただし、.NET Framework の Calendar クラスでは、暦で定義されるすべての時代 (年号) がサポートされているわけではなく、ほとんどの Calendar クラスでは 1 つの時代 (年号) しかサポートされていません。 複数の時代 (年号) をサポートしているのは、JapaneseCalendar クラスと JapaneseLunisolarCalendar クラスだけです。

.NET Framework では、特定の暦の実装でサポートされる時代 (年号) を表す整数が、Calendar.Eras 配列に逆順で格納されています。 現在の時代 (年号) のインデックスは 0 で、複数の時代 (年号) をサポートする Calendar クラスの場合は、後に続く各インデックスが前の時代 (年号) に対応します。 Calendar.Eras 配列における現在の時代 (年号) のインデックスは、静的な Calendar.CurrentEra プロパティで定義されます。これは定数であり、値は常に 0 になります。 個々の Calendar クラスには、現在の時代 (年号) の値を返す静的フィールドも含まれています。 これらを次の表に示します。

Calendar クラス

現在の時代 (年号) のフィールド

ChineseLunisolarCalendar

ChineseEra

GregorianCalendar

ADEra

HebrewCalendar

HebrewEra

HijriCalendar

HijriEra

JapaneseLunisolarCalendar

JapaneseEra

JulianCalendar

JulianEra

KoreanCalendar

KoreanEra

KoreanLunisolarCalendar

GregorianEra

PersianCalendar

PersianEra

ThaiBuddhistCalendar

ThaiBuddhistEra

UmAlQuraCalendar

UmAlQuraEra

特定の時代 (年号) を表す数値に対応する名前は、その数値を DateTimeFormatInfo.GetEraName メソッドまたは DateTimeFormatInfo.GetAbbreviatedEraName メソッドに渡すことで取得できます。 次の例では、これらのメソッドを呼び出して、GregorianCalendar クラスでサポートされる時代 (年号) に関する情報を取得しています。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int year = 2;
      int month = 1;
      int day = 1;
      Calendar cal = new JapaneseCalendar();

      Console.WriteLine("\nDate instantiated without an era:");
      DateTime date1 = new DateTime(year, month, day, 0, 0, 0, 0, cal);
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} in Japanese Calendar -> {3:d} in Gregorian", 
                        cal.GetMonth(date1), cal.GetDayOfMonth(date1),
                        cal.GetYear(date1), date1);

      Console.WriteLine("\nDates instantiated with eras:");
      foreach (int era in cal.Eras) {
         DateTime date2 = cal.ToDateTime(year, month, day, 0, 0, 0, 0, era);
         Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} era {3} in Japanese Calendar -> {4:d} in Gregorian", 
                           cal.GetMonth(date2), cal.GetDayOfMonth(date2),
                           cal.GetYear(date2), cal.GetEra(date2), date2);
      }                        
   }
}
// The example displays the following output:
//    Date instantiated without an era:
//    1/1/2 in Japanese Calendar -> 1/1/1990 in Gregorian
//    
//    Dates instantiated with eras:
//    1/1/2 era 4 in Japanese Calendar -> 1/1/1990 in Gregorian
//    1/1/2 era 3 in Japanese Calendar -> 1/1/1927 in Gregorian
//    1/1/2 era 2 in Japanese Calendar -> 1/1/1913 in Gregorian
//    1/1/2 era 1 in Japanese Calendar -> 1/1/1869 in Gregorian

また、"g" カスタム日時書式指定文字列では、日付と時刻の文字列形式に暦の時代 (年号) の名前が含まれます。 詳細については、「カスタム日時書式指定文字列」を参照してください。

複数の時代 (年号) をサポートする 2 つの Calendar クラスでは、特定の年、月、および日の値で構成される日付があいまいになることがあります。たとえば、JapaneseCalendar では、4 つのすべての時代 (年号) に数値が 1 ~ 15 になる年があります。 通常、時代 (年号) が指定されていない場合は、日時および暦のどちらのメソッドでも、値が現在の時代 (年号) に属すると見なされます。 複数の時代 (年号) をサポートする Calendar クラスの日付をインスタンス化するときに時代 (年号) を明示的に指定するには、Calendar.ToDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) メソッドを呼び出します。 このメソッドを使用すると、時代 (年号) を、暦の年、月、日、時、分、秒、およびミリ秒と共に明示的に指定できます。

次の例では、Calendar.ToDateTime(Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32) メソッドを使用して、JapaneseCalendar クラスでサポートされるそれぞれの時代 (年号) の同じ日付 (2 番目の年の最初の月の最初の日) をインスタンス化しています。 その後、和暦とグレゴリオ暦の両方で日付を表示しています。 また、この例では DateTime コンストラクターも呼び出して、時代 (年号) を指定せずに日付の値を作成した場合は現在の時代 (年号) の日付が作成されることを示しています。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int year = 2;
      int month = 1;
      int day = 1;
      Calendar cal = new JapaneseCalendar();

      Console.WriteLine("\nDate instantiated without an era:");
      DateTime date1 = new DateTime(year, month, day, 0, 0, 0, 0, cal);
      Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} in Japanese Calendar -> {3:d} in Gregorian", 
                        cal.GetMonth(date1), cal.GetDayOfMonth(date1),
                        cal.GetYear(date1), date1);

      Console.WriteLine("\nDates instantiated with eras:");
      foreach (int era in cal.Eras) {
         DateTime date2 = cal.ToDateTime(year, month, day, 0, 0, 0, 0, era);
         Console.WriteLine("{0}/{1}/{2} era {3} in Japanese Calendar -> {4:d} in Gregorian", 
                           cal.GetMonth(date2), cal.GetDayOfMonth(date2),
                           cal.GetYear(date2), cal.GetEra(date2), date2);
      }                        
   }
}
// The example displays the following output:
//    Date instantiated without an era:
//    1/1/2 in Japanese Calendar -> 1/1/1990 in Gregorian
//    
//    Dates instantiated with eras:
//    1/1/2 era 4 in Japanese Calendar -> 1/1/1990 in Gregorian
//    1/1/2 era 3 in Japanese Calendar -> 1/1/1927 in Gregorian
//    1/1/2 era 2 in Japanese Calendar -> 1/1/1913 in Gregorian
//    1/1/2 era 1 in Japanese Calendar -> 1/1/1869 in Gregorian

CultureInfo オブジェクトの現在の暦が、時代 (年号) をサポートする Calendar オブジェクトである場合は、完全な日付と時刻、長い日付、および短い日付の各パターンにおいて、日付と時刻の値の文字列形式に時代 (年号) が含まれます。 それらの日付パターンを表示する例を次に示します。現在のカルチャは日本 (日本語)、現在の暦は和暦です。

using System;
using System.Globalization;
using System.IO;
using System.Threading;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      StreamWriter sw = new StreamWriter(@".\eras.txt");
      DateTime dt = new DateTime(2012, 5, 1);

      CultureInfo culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ja-JP");
      DateTimeFormatInfo dtfi = culture.DateTimeFormat;
      dtfi.Calendar = new JapaneseCalendar();
      Thread.CurrentThread.CurrentCulture = culture;

      sw.WriteLine("\n{0,-43} {1}", "Full Date and Time Pattern:", dtfi.FullDateTimePattern);
      sw.WriteLine(dt.ToString("F"));
      sw.WriteLine();

      sw.WriteLine("\n{0,-43} {1}", "Long Date Pattern:", dtfi.LongDatePattern);
      sw.WriteLine(dt.ToString("D"));

      sw.WriteLine("\n{0,-43} {1}", "Short Date Pattern:", dtfi.ShortDatePattern);
      sw.WriteLine(dt.ToString("d"));
      sw.Close();
    }
}
// The example writes the following output to a file:
//    Full Date and Time Pattern:                 gg y'年'M'月'd'日' H:mm:ss
//    平成 24年5月1日 0:00:00
//    
//    Long Date Pattern:                          gg y'年'M'月'd'日'
//    平成 24年5月1日
//    
//    Short Date Pattern:                         gg y/M/d
//    平成 24/5/1
System_CAPS_warning警告

.NET Framework の Calendar クラスの中で、複数の時代 (年号) の日付をサポートし、かつ CultureInfo オブジェクトの現在の暦にもできるクラスは、JapaneseCalendar クラスだけです。このクラスは、具体的には、日本語 (日本) のカルチャを表す CultureInfo オブジェクトの現在の暦にすることができます。

どの暦の場合も、"g" カスタム書式指定子の結果の文字列には時代 (年号) が含まれます。 次の例では、"MM-dd-yyyy g" というカスタム書式指定文字列を使用して、結果の文字列に時代 (年号) を含めています。現在の暦はグレゴリオ暦です。

   DateTime dat = new DateTime(2012, 5, 1);
   Console.WriteLine("{0:MM-dd-yyyy g}", dat);
// The example displays the following output:
//     05-01-2012 A.D.      

日付の文字列形式を現在の暦以外の暦で表す場合は、Calendar クラスの Calendar.GetEra メソッドを Calendar.GetYearCalendar.GetMonth、および Calendar.GetDayOfMonth の各メソッドと一緒に使用して、日付とそれが属する時代 (年号) を明確に示すことができます。 JapaneseLunisolarCalendar クラスを使用した具体的な例を次に示します。 ただし、時代 (年号) を表す整数ではなく、名前または省略形を結果の文字列に含めるには、DateTimeFormatInfo オブジェクトをインスタンス化し、その現在の暦を JapaneseCalendar にする必要があります (JapaneseLunisolarCalendar 暦をカルチャの現在の暦にすることはできませんが、この場合は 2 つの暦で同じ時代 (年号) が共有されます)。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      DateTime date1 = new DateTime(2011, 8, 28);
      Calendar cal = new JapaneseLunisolarCalendar();

      Console.WriteLine("{0} {1:d4}/{2:d2}/{3:d2}", 
                        cal.GetEra(date1),
                        cal.GetYear(date1),
                        cal.GetMonth(date1),
                        cal.GetDayOfMonth(date1)); 

      // Display eras
      CultureInfo culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ja-JP");
      DateTimeFormatInfo dtfi = culture.DateTimeFormat;
      dtfi.Calendar = new JapaneseCalendar();

      Console.WriteLine("{0} {1:d4}/{2:d2}/{3:d2}", 
                        dtfi.GetAbbreviatedEraName(cal.GetEra(date1)),
                        cal.GetYear(date1),
                        cal.GetMonth(date1),
                        cal.GetDayOfMonth(date1)); 
   }
}
// The example displays the following output:
//       4 0023/07/29
//       平 0023/07/29
表示: