情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Single.ToString メソッド (IFormatProvider)

2013/12/12

指定されたカルチャ固有の書式情報を使用して、このインスタンスの数値を、それと等価の文字列形式に変換します。

Namespace:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string ToString(
	IFormatProvider provider
)

パラメーター

provider
型: System.IFormatProvider
カルチャ固有の形式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

型: System.String
provider で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

IConvertible.ToString(IFormatProvider)

戻り値は PositiveInfinitySymbolNegativeInfinitySymbolNaNSymbol または次の書式の文字列のいずれかです。

[sign]integral-digits[.[fractional-digits]][e[sign]exponential-digits]

省略可能な要素は、角かっこ ([および]) で囲まれています。"digits" という語を含む要素は、0 から 9 までの一連の数字から構成されます。各要素を次の表に示します。

要素

説明

sign

負の記号または正の記号。

integral-digits

数値の整数部分を指定する一連の数字。小数の桁が存在する場合は、整数の桁はなくてもかまいません。

'.'

カルチャに固有の小数点記号。

fractional-digits

数値の小数部分を指定する一連の数字。

'e'

指数表記を示す小文字の 'e'。

exponential-digits

指数部を指定する一連の数字。

戻り値の例には、"100"、"-123,456,789"、"123.45e+6"、"500"、"3.1416"、"600"、"-0.123"、"-Infinity" などがあります。

このインスタンスは一般数値書式指定子 ("G") で書式設定されます。

provider パラメーターは、NumberFormatInfo オブジェクトを返す GetFormat メソッドを含む IFormatProvider の実装です。通常、provider は、CultureInfo オブジェクトまたは NumberFormatInfo オブジェクトです。provider パラメーターは、書式設定で使用されるカルチャ固有の情報を提供します。providernull の場合、戻り値は現在のカルチャの NumberFormatInfo データを使用して書式設定されます。

指定したカルチャおよび特定の書式文字列を使用して Single 値を文字列形式に変換するには、Single.ToString(String, IFormatProvider) メソッドを呼び出します。

次の例では、複数の異なるカルチャを表す CultureInfo オブジェクトを使用して、文字列形式の 2 つの Single 値を表示します。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示: