この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

バージョン間の耐性があるシリアル化に対応する技術サンプル

サンプルのダウンロード

このサンプルでは、.NET でのバージョン間の耐性があるシリアル化に対応する機能を示します。 このサンプルでは、バージョンの異なる複数の BinaryFormatter を使用するアプリケーションをビルドし、データをシリアル化および逆シリアル化します。 さまざまなバージョンがありますが、このアプリケーションではシームレスに処理できます。 詳細については、「バージョン トレラントなシリアル化」を参照してください。

コマンド プロンプトを使用してサンプルをビルドするには

  1. コマンド プロンプト ウィンドウを表示し、サンプルの使用言語に対応するサブディレクトリ (V1 Application または V2 Application の下) に移動します。

  2. コマンド ラインで「msbuild.exe <ver> application.sln」と入力します (ここで、<ver> は v1 または v2 です)。

Visual Studio を使用してサンプルをビルドするには

  1. ファイル エクスプローラーを開き、サンプルが格納されている、言語固有のサブディレクトリのいずれかに移動します。

  2. 前の手順で選択したディレクトリの V1 Application サブディレクトリに移動します。

  3. V1 Application.sln ファイルのアイコンをダブルクリックして、このファイルを Visual Studio で開きます。

  4. [ビルド] メニューの [ソリューションのビルド] をクリックします。

  5. V2 Application サブディレクトリに移動し、前の 2 つの手順を実行して、V2 Application をビルドします。

各アプリケーションは、既定で、それぞれのプロジェクト ディレクトリの \bin または \bin\Debug サブディレクトリにビルドされます。

サンプルを実行するには

  1. コマンド プロンプト ウィンドウで、サンプル アプリケーションをビルドしたときに選択した言語に対応する、言語固有のサブディレクトリに移動します。

  2. コマンド ラインで「runme.cmd」と入力し、両方のアプリケーションを一度に実行します。

または、新しい実行可能ファイルが格納されているディレクトリに移動し、これらを順に実行します。

メモ メモ

このサンプルでは、コンソール アプリケーションをビルドします。 出力を表示するには、コマンド プロンプト ウィンドウでこれらを起動し、実行する必要があります。

関連項目

BinaryFormatter
FileStream

コミュニティの追加

表示: