ATL モジュール クラス

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

ここでは、ATL 7.0 でされたモジュール クラスについて説明します。

ATL で使用される CComModuleの以前のバージョン。 ATL 7.0 では、CComModule の機能は、いくつかのクラスが使用されます:

  • CAtlBaseModule は、ATL を使用するほとんどのアプリケーションによって必要な情報が含まれています。 モジュールとリソースのインスタンスの HINSTANCE が含まれます。

  • CAtlComModule では、ATL COM クラスに必要な情報が含まれています。

  • CAtlWinModule では、ATL ウィンドウ クラスに必要な情報が含まれています。

  • CAtlDebugInterfacesModule は、インターフェイスのデバッグのサポートが含まれます。

  • CAtlModule 次の CAtlModule必要な特定の種類の情報を格納する派生クラスはカスタマイズします。 これらのクラスのほとんどのメンバーをオーバーライドする場合:

    • CAtlDllModuleT は、DLL のアプリケーションで使用されました。 標準のエクスポートにコードを提供します。

    • CAtlExeModuleT は EXE のアプリケーションで使用されました。 EXE で必要なコードを提供します。

    • CAtlServiceModuleT は、Windows NT、および Windows 2000 Service を作成するためのサポートを提供します。

CComModule、下位互換性のために利用できます。

CComModule の機能は、次の理由のための新しいクラスに分散されています:

  • CComModule の機能を限定にします。

    これで、COM インターフェイスのデバッグ、ウィンドウ、およびアプリケーション固有の (DLL または EXE) 機能のサポートは別のクラスです。

  • 自動的にこれらのモジュールのグローバル インスタンスを宣言します。

    必要なモジュール クラスのグローバル インスタンスがプロジェクトにリンクします。

  • Init と用語のメソッドを呼び出す必要のを削除します。

    Init と用語のメソッドは、モジュール クラスのコンストラクターとデストラクターに対して; は、と用語を呼び出す必要はありません。

概念
クラスの概要

表示: