Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/I (追加インクルード ディレクトリ)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

インクルード ファイルを検索するディレクトリ一覧にディレクトリを追加します。

/I[ ]directory  

directory
インクルード ファイルの検索対象ディレクトリ一覧に追加するディレクトリ。

複数のディレクトリを追加するには、このオプションを複数回使用します。 指定したインクルード ファイルが見つかるまでディレクトリが検索されます。

このオプションは、/X (標準インクルード パスの無視) (標準インクルード パスの無視) オプションと併用できます。

ディレクトリは、次の順で検索されます。

  1. ソース ファイルが置かれているディレクトリ

  2. /I オプションで指定されたディレクトリ (CL で出現する順序で検索)

  3. 環境変数 INCLUDE で指定されているディレクトリ

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [全般] プロパティ ページをクリックします。

  4. [追加のインクルード ディレクトリ] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

次のコマンドは、MAIN.c の要求するインクルード ファイルを検索します。検索順序は、MAIN.c が置かれているディレクトリ、\INCLUDE ディレクトリ、\MY\INCLUDE ディレクトリ、環境変数 INCLUDE に代入されたディレクトリの順です。

CL /I \INCLUDE /I\MY\INCLUDE MAIN.C  

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: