このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

__fastcall

Microsoft 固有の仕様 →

__fastcall 呼び出し規約は、可能な場合に、関数への引数をレジスタに渡すことを指定します。 この呼び出し規約は x86 アーキテクチャのみに適用されます。 次の一覧は、この呼び出し規約の実装例を示しています。

要素

実装

引数を渡す順序

左から右への引数リストで見つかる最初の 2 つの DWORD またはこれより小さい引数は、ECX および EDX レジスタに渡されます。他の引数はすべてスタック上で右から左へ渡されます。

スタック維持の責任

呼び出された関数によって、スタックから引数がポップされます。

名前装飾規約

アット マーク (@) が名前の先頭に付きます。パラメーター リストでバイト数 (10 進数) が後続するアット マークは、名前にサフィックスとして付けられます。

大文字小文字の変換規則

大文字小文字は変換されません。

メモ メモ

将来のコンパイラ バージョンは、パラメーターを格納するために別のレジスタを使用する可能性があります。

/Gr コンパイラ オプションを使用すると、関数が競合する属性で宣言されていない場合、または関数の名前が main でない場合は、モジュールの各関数は __fastcall としてコンパイルされます。

__fastcall キーワードは、ARM および x64 アーキテクチャを対象とするコンパイラによって受け取られ、無視されます。x64 チップでは、規約により、可能な場合は最初の 4 つの引数がレジスタに渡され、追加の引数はスタック上に渡されます。 詳細については、「x64 呼び出し規約の概要」を参照してください。 ARM チップでは、最大で 4 個の整数引数と 8 個の浮動小数点引数をレジスタに渡すことができます。追加の引数はスタック上に渡されます。

静的でないクラスの関数が行外で宣言されている場合、行外の宣言で呼び出し規約の修飾子を指定する必要はありません。 つまり、クラスの静的でないメンバー メソッドの場合は、宣言時に指定された呼び出し規約が定義の時点で仮定されます。 次のクラス定義があるとします。

struct CMyClass {
   void __fastcall mymethod();
};

ここで、

void CMyClass::mymethod() { return; }

は次の記述と同じです。

void __fastcall CMyClass::mymethod() { return; }

次の例では、関数 DeleteAggrWrapper にレジスタで引数が渡されます。

// Example of the __fastcall keyword
#define FASTCALL    __fastcall
   
void FASTCALL DeleteAggrWrapper(void* pWrapper);
// Example of the __ fastcall keyword on function pointer
typedef BOOL (__fastcall *funcname_ptr)(void * arg1, const char * arg2, DWORD flags, ...);

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft