エクスポート (0) 印刷
すべて展開

方法 : ファイルにテキストを書き込む

更新 : 2007 年 11 月

テキスト ファイルにテキストを書き込む方法を次のコード例に示します。

最初の例では、テキストを既存のファイルに追加する方法を示します。2 番目の例では、新しいテキスト ファイルを作成して、これに文字列を書き込む方法を示します。WriteAllText のメソッドも同様の機能を提供します。

メモ :

Visual Basic のユーザーは、ファイル I/O 用の My.Computer.FileSystem オブジェクトに用意されているメソッドとプロパティを使用することもできます。詳細については、「My.Computer.FileSystem オブジェクト」を参照してください。

using System;
using System.IO;

class Test 
{
    public static void Main() 
    {
        // Create an instance of StreamWriter to write text to a file.
        // The using statement also closes the StreamWriter.
        using (StreamWriter sw = new StreamWriter("TestFile.txt")) 
        {
            // Add some text to the file.
            sw.Write("This is the ");
            sw.WriteLine("header for the file.");
            sw.WriteLine("-------------------");
            // Arbitrary objects can also be written to the file.
            sw.Write("The date is: ");
            sw.WriteLine(DateTime.Now);
        }
    }
}
using System;
using System.IO;
public class TextToFile 
{
    private const string FILE_NAME = "MyFile.txt";
    public static void Main(String[] args) 
    {
        if (File.Exists(FILE_NAME)) 
        {
            Console.WriteLine("{0} already exists.", FILE_NAME);
            return;
        }
        using (StreamWriter sw = File.CreateText(FILE_NAME))
        {
            sw.WriteLine ("This is my file.");
            sw.WriteLine ("I can write ints {0} or floats {1}, and so on.", 
                1, 4.2);
            sw.Close();
        }
    }
}

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft