このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

アルファベット順の C# コンパイラ オプションの一覧

次のコンパイラ オプションは、アルファベット順に並んでいます。カテゴリ別の一覧については、「カテゴリ別の C# コンパイラ オプションの一覧」を参照してください。

オプション 目的

@

応答ファイルを読み込んで、オプションを追加します。

/?

使用法に関する説明を標準出力に表示します。

/addmodule

指定されたモジュールをアセンブリにリンクさせます。

/baseaddress

ビルドするライブラリのベース アドレスを指定します。

/bugreport

'障害報告' ファイルを作成します。/errorreport:prompt または /errorreport:send と組み合わせて指定した場合、このファイルがクラッシュ情報と共に送信されます。

/checked

オーバーフローの例外を生成するようコンパイラに指示します。

/codepage

ソース ファイルを開くときに使用するコードページを指定します。

/debug

デバッグ情報を生成します。

/define

条件付きコンパイルのシンボルを定義します。

/delaysign

厳密名キーのうち、公開キーのみを使用した遅延署名をアセンブリに適用します。

/doc

生成する XML ドキュメント ファイルを指定します。

/errorreport

内部コンパイル エラーの扱い (prompt、send、または none) を指定します。既定は none です。

/filealign

出力ファイルにおけるセクションの配置を指定します。

/fullpaths

エラーが発生したファイルの絶対パスを生成するようコンパイラに指示します。

/help

使用法に関する説明を標準出力に表示します。

/incremental

インクリメンタル コンパイルを有効にします。旧式のオプションであり、互換性のために残されています。

/keycontainer

厳密名キー コンテナを指定します。

/keyfile

厳密名キー ファイルを指定します。

/langversion

言語バージョンのモード (ISO-1 または Default) を指定します。

/lib

参照を検索する追加のディレクトリを指定します。

/linkresource

指定されたリソースをアセンブリにリンクさせます。

/main

エントリ ポイントの存在する型を指定します (その他のエントリ ポイントはすべて無視されます)。

/noconfig

CSC.RSP ファイルを自動で追加しないようコンパイラに指示します。

/nologo

コンパイル時の著作権メッセージが表示されないようにします。

/nostdlib

標準ライブラリ (mscorlib.dll) を参照しないようコンパイラに指示します。

/nowarn

特定の警告メッセージを無効にします。

/optimize

最適化を有効または無効にします。

/out

出力ファイル名を指定します (既定では、メイン クラスまたは最初のファイルの基本名)。

/pdb

.pdb ファイルの名前と場所を指定します。

/platform

コードを実行できるプラットフォーム (x86、Itanium、x64、または anycpu) を制限します。既定値は anycpu です。

/recurse

ワイルドカードの指定に基づき、現在のディレクトリおよびサブディレクトリに格納されたすべてのファイルをインクルードします。

/reference

指定されたアセンブリ ファイルからメタデータを参照します。

/resource

指定されたリソースを埋め込みます。

/target

/target:exe/target:library/target:module/target:winexe の 4 つのオプションのうち、いずれかを使用して出力ファイルの形式を指定します。

/unsafe

アンセーフ コードの使用を許可します。

/utf8output

コンパイラのメッセージを UTF-8 エンコーディングで出力します。

/warn

警告レベル (0 ~ 4) を設定します。

/warnaserror

警告をエラーとして報告します。

/win32icon

出力に使用するアイコンを指定します。

/win32res

Win32 リソース ファイル (..res) を指定します。

表示: