Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/WL (1 行診断の有効化)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

エラー メッセージまたは警告メッセージに追加情報を表示します。

/WL  

C++ コンパイラのエラー メッセージや警告メッセージに続けて、追加情報を表示できます。既定では、追加情報は新しい行に表示されます。 コマンド ラインからコンパイルする場合は、エラー メッセージや警告メッセージに追加情報の行を付加できます。 これは、ビルドの出力をログ ファイルに取り込み、そのログを処理してすべてのエラーや警告を見つける場合に便利です。 エラー メッセージおよび警告メッセージと追加の行の間には、セミコロンが挿入されます。

すべてのエラー メッセージと警告メッセージに追加情報の行があるとは限りません。 次のコードは、追加情報の行があるエラーを生成します。/WL を使用した場合の効果をテストできます。

// compiler_option_WL.cpp  
// compile with: /WL  
#include <queue>  
int main() {  
   std::queue<int> q;  
   q.fromthecontinuum();   // C2039  
}  

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。

  4. [追加のオプション] ボックスにコンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: