Join メソッド (String, String[])
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.Join メソッド (String, String[])

 

発行: 2016年7月

文字列配列のすべての要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static string Join(
	string separator,
	params string[] value
)

パラメーター

separator
Type: System.String

区切り記号として使用する文字列。 value が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

value
Type: System.String[]

連結する要素を格納している配列。

戻り値

Type: System.String

value 内の要素からなる、separator 文字列で区切られた文字列。 value が空の配列の場合、メソッドは String.Empty を返します。

Exception Condition
ArgumentNullException

valuenull です。

たとえば場合、 separator は「,」と要素の value は"apple"、「オレンジ」、「ぶどう」および"pear" Join(separator, value) 「apple、オレンジ、ぶどう、pear」を返します。

場合 separatornull, 、空の文字列 (String.Empty) 代わりに使用されます。 場合の任意の要素 valuenull, 、空の文字列が代わりに使用されます。

次の例は、 Join メソッドです。

using System;

public class JoinTest {
    public static void Main() {

        Console.WriteLine(MakeLine(0, 5, ", "));
        Console.WriteLine(MakeLine(1, 6, "  "));
        Console.WriteLine(MakeLine(9, 9, ": "));
        Console.WriteLine(MakeLine(4, 7, "< "));
    }

    private static string MakeLine(int initVal, int multVal, string sep) {

        string [] sArr = new string [10];

        for (int i = initVal; i < initVal + 10; i++)
            sArr[i - initVal] = String.Format("{0,-3}", i * multVal);

        return String.Join(sep, sArr);
    }
}
// The example displays the following output:
//       0  , 5  , 10 , 15 , 20 , 25 , 30 , 35 , 40 , 45
//       6    12   18   24   30   36   42   48   54   60
//       81 : 90 : 99 : 108: 117: 126: 135: 144: 153: 162
//       28 < 35 < 42 < 49 < 56 < 63 < 70 < 77 < 84 < 91  

Universal Windows Platform
8 から利用可能
.NET Framework
1.1 から利用可能
Portable Class Library
サポート対象 : portable .NET platforms
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
Windows Phone
8.1 から利用可能
トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft