CreateDirectory メソッド (String)
目次を折りたたむ
目次を展開する
この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Directory.CreateDirectory メソッド (String)

 

既に存在している場合以外は、指定したパスにすべてのディレクトリとサブディレクトリを作成します。

名前空間:   System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static DirectoryInfo CreateDirectory(
	string path
)

パラメーター

path

作成するディレクトリ。

戻り値

Type: System.IO.DirectoryInfo

指定したパスに存在するディレクトリを表すオブジェクト。指定したパスにおいてディレクトリが既に存在するかどうかにかかわりなく、このオブジェクトが返されます。

Exception Condition
IOException

path で指定したディレクトリはファイルです。

または

ネットワーク名がわかりません。

UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

ArgumentException

path が、長さが 0 の文字列であるか、空白しか含んでいないか、または無効な文字を 1 つ以上含んでいます。無効な文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

または

path の先頭文字がコロン (:) か、またはコロン文字のみが含まれています。

ArgumentNullException

pathnull です。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。たとえば、Windows ベースのプラットフォームの場合、パスの長さは 248 文字未満、ファイル名の長さは 260 文字未満である必要があります。

DirectoryNotFoundException

指定したパスが無効です (割り当てられていないドライブであるなど)。

NotSupportedException

path に、ドライブのラベル ("C:\") の一部ではないコロン文字 (:) が含まれています。

指定されているすべてのディレクトリpathか、既に存在する場合を除きは作成の一部pathが無効です。ディレクトリが既に存在する場合、このメソッドは、新しいディレクトリを作成してしませんを返す、 DirectoryInfo 、既存のディレクトリのオブジェクトです。

pathパラメーターは、ファイル パスではなく、ディレクトリのパスを指定します。

末尾から末尾のスペースが削除、 path 、ディレクトリを作成する前にパラメーター。

書き込みアクセスのある共有上のリモートのコンピューターにディレクトリを作成することができます。 UNC パスはサポートされています。たとえば、path\\2009\Archives\December (Visual Basic) および \\\\2009\\Archives\\December (C#) を指定できます。

コロン (:) で、ディレクトリの作成はサポートされていませんし、により、NotSupportedExceptionがスローされます。

次の例を作成し、指定されたディレクトリを削除します。

using System;
using System.IO;

class Test 
{
    public static void Main() 
    {
        // Specify the directory you want to manipulate.
        string path = @"c:\MyDir";

        try 
        {
            // Determine whether the directory exists.
            if (Directory.Exists(path)) 
            {
                Console.WriteLine("That path exists already.");
                return;
            }

            // Try to create the directory.
            DirectoryInfo di = Directory.CreateDirectory(path);
            Console.WriteLine("The directory was created successfully at {0}.", Directory.GetCreationTime(path));

            // Delete the directory.
            di.Delete();
            Console.WriteLine("The directory was deleted successfully.");
        } 
        catch (Exception e) 
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        } 
        finally {}
    }
}

現在のディレクトリが C:\Users\User1 を C:\Users\User1\Public\Html のディレクトリを作成するのには、次の呼び出しのいずれかを円記号が適切に解釈されることに使用されます。

Visual basic の場合。

Directory.CreateDirectory("Public\Html") 
    Directory.CreateDirectory("\Users\User1\Public\Html") 
    Directory.CreateDirectory("c:\Users\User1\Public\Html")

C# の場合。

Directory.CreateDirectory("Public\\Html");
    Directory.CreateDirectory("\\Users\\User1\\Public\\Html");
    Directory.CreateDirectory("c:\\Users\\User1\\Public\\Html");

C++:

Directory::CreateDirectory("Public\\Html");
    Directory::CreateDirectory("\\Users\\User1\\Public\\Html");
    Directory::CreateDirectory("c:\\Users\\User1\\Public\\Html");

FileIOPermission

読み取りとファイルやディレクトリを作成します。関連する列挙FileIOPermissionAccess.Read、。FileIOPermissionAccess.Write

Universal Windows Platform
10 から利用可能
.NET Framework
1.1 から利用可能
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft