Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/V (バージョン番号)

 

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

文字列を .obj ファイルに埋め込みます。 使用は推奨されていません。

/Vstring  

string
.obj ファイルに埋め込まれるバージョン番号または著作権表記を指定する文字列。

.obj ファイルに埋め込む文字列としては、バージョン番号や著作権表記があります。 空白やタブが文字列に含まれている場合は、それらを二重引用符 (") で囲む必要があります。 二重引用符が文字列に含まれている場合は、その直前に円記号 (\) を付ける必要があります。 /Vstring の間にはスペースを挿入してもかまいません。

コメント にコメント型引数 compiler を指定すると、コンパイラの名前とバージョン番号を .obj ファイルに埋め込むことができます。

/V は使用しないでください。/V は主に仮想デバイス ドライバー (VxD) の構築をサポートするために使用されていましたが、Visual C++ ツールセットでは VxD の構築はサポートされなくなりました。 詳細については、「Deprecated Compiler Options in Visual C++ 2005」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [コマンド ライン] プロパティ ページをクリックします。

  4. [追加のオプション] ボックスにコンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: