Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/LN (MSIL モジュールの作成)

 

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

アセンブリ マニフェストを出力ファイルに挿入しません。

/LN  

既定では、アセンブリ マニフェストが出力ファイルに挿入され、/LN は無効になっています。

/LN を使用するときは、/clr (共通言語ランタイムのコンパイル) オプションのいずれか 1 つも使用する必要があります。

マニフェストにアセンブリ メタデータがないマネージ プログラムをモジュールと呼びます。 /c (リンクを行わないコンパイル) および /LN を指定してコンパイルする場合は、リンカー フェースで /NOASSEMBLY (MSIL モジュールの作成) を指定して出力ファイルを作成します。

コンポーネント ベースの方法を使用してアセンブリをビルドする場合は、モジュールを作成できます。つまり、型を作成してモジュールにコンパイルした後、1 つ以上のモジュールからアセンブリを生成できます。モジュールからアセンブリを作成する方法の詳細については、「リンカー入力としての .netmodule ファイル」または「Al.exe (アセンブリ リンカー)」を参照してください。

モジュールの既定のファイル拡張子は"です。

Visual C++ 2005 より前の Visual C++ リリースでは、モジュールは /clr:noAssembly を指定して作成されました。

Visual C++ リンカーは、入力、リンカーによって生成される出力ファイルはリンカーに渡された .netmodules のいずれかへの実行時に依存しないアセンブリまたは"であるため .netmodule ファイルをリンクできます。詳細については、「リンカー入力としての .netmodule ファイル」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

  • このコンパイラ オプションは、コードからは変更できません。

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: