この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.PadRight メソッド (Int32)

 

公開日: 2016年10月

指定された文字数になるまで右側に空白を埋め込むことで、この文字列内の文字を左寄せした新しい文字列を返します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string PadRight(
	int totalWidth
)

パラメーター

totalWidth
Type: System.Int32

結果として生成される文字列の文字数。これは、元の文字数と、埋め込み文字がある場合はその数を加えた数に等しくなります。

戻り値

Type: System.String

このインスタンスと等価な新しい文字列。ただし左揃えであり、totalWidth の長さになるまで右側に空白が埋め込まれています。 ただし、totalWidth がこのインスタンスの長さより短い場合、メソッドは既存のインスタンスへの参照を返します。 totalWidth がこのインスタンスの長さと等しい場合、メソッドはこのインスタンスと同一の新しい文字列を返します。

Exception Condition
ArgumentOutOfRangeException

totalWidth が 0 未満です。

Unicode の領域は、16 進数の 0x0020 として定義されます。

PadRight(Int32)メソッドに返される文字列の末尾が埋められます。 これは、右から左への言語に使用する場合、文字列の左側の部分が埋められることを意味します。

System_CAPS_noteメモ

場合、PadRightメソッドには空白文字の現在のインスタンスが埋め込まれます、このメソッドは、現在のインスタンスの値を変更しません。 代わりに、その合計の長さが実行されるように末尾の空白文字で埋められますした新しい文字列を返しますtotalWidth文字です。

次の例で、PadRightメソッドです。

string str;
str = "BBQ and Slaw";

Console.Write("|");
Console.Write(str.PadRight(15));
Console.WriteLine("|");       // Displays "|BBQ and Slaw   |".

Console.Write("|");
Console.Write(str.PadRight(5));
Console.WriteLine("|");       // Displays "|BBQ and Slaw|".

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: