この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Delegate.Combine メソッド (Delegate, Delegate)

 

公開日: 2016年11月

2 つのデリゲートの呼び出しリストを連結します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static Delegate Combine(
	Delegate a,
	Delegate b
)

パラメーター

a
Type: System.Delegate

連結後のリスト内で前に配置する呼び出しリストを持つデリゲート。

b
Type: System.Delegate

連結後のリスト内で後に配置する呼び出しリストを持つデリゲート。

戻り値

Type: System.Delegate

ab の呼び出しリストをこの順番で連結した単一の呼び出しリストを持つ新しいデリゲート。 bnull の場合は a を、a が null 参照の場合は b を返します。また、ab の両方が null 参照の場合は null 参照を返します。

Exception Condition
ArgumentException

ab の両方が null ではなく、ab が同じデリゲート型のインスタンスではありません。

呼び出しリストに重複するエントリを含めることができます。同じオブジェクトの同じメソッドを参照するエントリは、します。

System_CAPS_noteメモ

代入互換性のある汎用デリゲートの分散のためには必ずしも combinable できません。 組み合わせ可能にするのには、種類が正確に一致する必要があります。 たとえば、クラスがという名前のDerivedという名前のクラスから派生したBaseです。 型のデリゲートAction<Base>(Action(Of Base) Visual Basic で) 型の変数に代入できますAction<Derived>」の説明に従って、ジェネリックの共変性と反変性種類が正確に一致しないために、2 つのデリゲートを組み合わせることはできませんが、します。

Combine呼び出しを複数のメソッド、イベントの時刻に発生するイベント ハンドラーを作成するために役立ちます。

ReflectionPermission

when invoked late-bound through mechanisms such as M:System.Type.InvokeMember(System.String,System.Reflection.BindingFlags,System.Reflection.Binder,System.Object,System.Object[],System.Reflection.ParameterModifier[],System.Globalization.CultureInfo,System.String[]). Associated enumeration: F:System.Security.Permissions.ReflectionPermissionFlag.MemberAccess

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: