Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/MD、/MT、/LD (ランタイム ライブラリの使用)

 

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

マルチスレッド モジュールが DLL であるかどうかを指定し、ランタイム ライブラリのリテール バージョンまたはデバッグ バージョンを指定します。

/MD[d]  
/MT[d]  
/LD[d]  

オプション説明
/MDアプリケーションでランタイム ライブラリのマルチスレッド対応および DLL 対応バージョンが使用されます。 _MT および _DLL を定義し、コンパイラにライブラリ名 MSVCRT.lib を .obj ファイルに挿入させます。

このオプションを使用してコンパイルされたアプリケーションは、MSVCRT.lib に静的にリンクされます。 このライブラリには、リンカーが外部参照を解決できるようにするコード レイヤーが用意されています。 実際に動くコードは MSVCRversionnumber.DLL に入っているため、実行時には、MSVCRT.lib とリンクしているアプリケーションがこの DLL を使用できるようにしておく必要があります。
/MDd_DEBUG_MT、および _DLL を定義します。アプリケーションで、マルチスレッド対応バージョンおよび DLL 対応バージョンのランタイム ライブラリが使用されます。 また、コンパイラによって、ライブラリ名 MSVCRTD.lib が .obj ファイルに挿入されます。
/MTアプリケーションで、マルチスレッド バージョンの静的なランタイム ライブラリが使用されます。 _MT を定義します。また、コンパイラにライブラリ名 LIBCMT.lib を .obj ファイルに挿入させるため、リンカーは LIBCMT.lib を使って外部シンボルを解決します。
/MTd_DEBUG および _MT を定義します。 このオプションによって、リンカーが LIBCMTD.lib を使用して外部シンボルを解決できるように、コンパイラによりライブラリ名 LIBCMTD.lib が .obj ファイルに挿入されます。
/LDDLL を作成します。

 /DLL オプションをリンカーに渡します。 リンカーは DllMain 関数の有無を確認します。 DllMain 関数が記述されていないと、TRUE を返す DllMain 関数がリンク時に自動的に挿入されます。

DLL の起動コードをリンクします。

コマンド ラインでエクスポート (.exp) ファイルが指定されていない場合は、インポート ライブラリ (.lib) を作成します。 このインポート ライブラリを、DLL を呼び出すアプリケーションにリンクしてください。

 /Fe (EXE ファイルの名前の指定) で指定したファイル名を、.exe ファイルではなく DLL の名前として解釈します。 既定では、プログラム名は basename.exe ではなく、basename.dll になります。

 /MD を明示的に指定している場合以外は、/MT が暗黙に指定されます。
/LDdデバッグ DLL を作成します。 _MT および _DEBUG を定義します。

C ランタイム ライブラリ、および /clr (共通言語ランタイムのコンパイル) を指定したコンパイルで使用されるライブラリの詳細については、「CRT ライブラリの機能」を参照してください。

リンカーの特定の呼び出しに渡されるすべてのモジュールは、同じランタイム ライブラリ コンパイラ オプション (/MD/MT/LD) を指定してコンパイルされている必要があります。

デバッグ バージョンのランタイム ライブラリを使用する方法の詳細については、「C ランタイム ライブラリ リファレンス」を参照してください。

サポート技術情報の「HOWTO: Link with the Correct C Run-Time (CRT) Library (Q140584)」でも、適切な C ランタイム ライブラリの選択方法を説明しています。

DLL の詳細については、「Visual C++ の DLL」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーを展開します。

  3. [コード生成] プロパティ ページを選択します。

  4. [ランタイム ライブラリ] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: