この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.ToUpper メソッド (CultureInfo)

 

公開日: 2016年10月

指定されたカルチャの大文字と小文字の規則を使用して、この文字列のコピーを大文字に変換して返します。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public string ToUpper(
	CultureInfo culture
)

パラメーター

culture
Type: System.Globalization.CultureInfo

カルチャ固有の大文字と小文字の規則を提供するオブジェクト。

戻り値

Type: System.String

現在の文字列を大文字にしたもの。

Exception Condition
ArgumentNullException

culturenull です。

指定されたカルチャの大文字と小文字の規則、cultureパラメーターを変更する方法、文字列の大文字と小文字を決定します。

System_CAPS_noteメモ

このメソッドは、現在のインスタンスの値を変更できません。 代わりに、現在のインスタンス内のすべての文字が大文字に変換された新しい文字列を返します。

渡す場合、ToUpper(CultureInfo)メソッド、CultureInfo以外のオブジェクトCultureInfo.InvariantCulture、大文字と小文字の操作をカルチャに固有のルールを考慮します。 名前付きパイプ、またはレジストリ キーの使用の小文字または大文字のバージョン、ファイル名などのオペレーティング システム識別子の必要がある場合、ToLowerInvariantまたはToUpperInvariantメソッドです。 これにより、すべてのカルチャで同じ結果を生成するしより効率的に実行します。

次の例では、小文字の文字列をアメリカ合衆国およびトルコ語-トルコのカルチャを使用して、大文字の 2 つの文字列に変換し、大文字の文字列を比較します。 大文字の文字列は、LATIN CAPITAL LETTER I とドットの上、Unicode LATIN CAPITAL LETTER 世の 1 つの文字列に出現するたび、その他の文字列に含まれる点を除いて同じです。

using System;
using System.Globalization;

class Example 
{
    public static void Main() 
    {
       string str1 = "indigo";
       string str2, str3;

       // str2 is an uppercase copy of str1, using English-United States culture.
       str2 = str1.ToUpper(new CultureInfo("en-US", false));

       // str3 is an uppercase copy of str1, using Turkish-Turkey culture.
       str3 = str1.ToUpper(new CultureInfo("tr-TR", false));

       // Compare the code points and compare the uppercase strings.
       ShowCodePoints("str1", str1);
       ShowCodePoints("str2", str2);
       ShowCodePoints("str3", str3);
       Console.WriteLine("str2 is {0} to str3.", 
            String.CompareOrdinal(str2, str3) == 0 ? "equal" : "not equal");
    }

    public static void ShowCodePoints(string varName, string s)
    {
       Console.Write("{0} = {1}: ", varName, s);
       foreach (ushort u in s)
         Console.Write("{0:x4} ", u);
       Console.WriteLine();
    }
}
// This example displays the following output:
//       str1 = indigo: 0069 006e 0064 0069 0067 006f
//       str2 = INDIGO: 0049 004e 0044 0049 0047 004f
//       str3 = INDIGO: 0130 004e 0044 0130 0047 004f
//       str2 is not equal to str3.

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: