この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

String.Format メソッド (IFormatProvider, String, Object[])

 

公開日: 2016年10月

指定した文字列の書式項目を、指定した配列内の対応するオブジェクトの文字列表記に置換します。 パラメーターにより、カルチャ固有の書式情報が指定されます。

名前空間:   System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static string Format(
	IFormatProvider provider,
	string format,
	params object[] args
)

パラメーター

provider
Type: System.IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

format
Type: System.String

複合書式設定文字列

args
Type: System.Object[]

0 個以上の書式設定対象オブジェクトを含んだオブジェクト配列。

戻り値

Type: System.String

書式項目が args の対応するオブジェクトの文字列表記に置換された format のコピー。

Exception Condition
ArgumentNullException

format または argsnull です。

FormatException

format が正しくありません。

または

書式項目のインデックスが 0 (ゼロ) 未満か、または args 配列の長さ以上です。

System_CAPS_noteメモ

例と包括的な使用状況についての他のオーバー ロードは、 Format メソッドを参照してください、 Format オーバー ロードの概要です。

ユニバーサル Windows プラットフォーム
8 以降で使用可能
.NET Framework
1.1 以降で使用可能
ポータブル クラス ライブラリ
サポート対象: 移植可能 .NET プラットフォーム
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
Windows Phone
8.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: