Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/Tc、/Tp、/TC、/TP (ソース ファイル タイプの指定)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

/Tc オプションは、ファイルの拡張子が .c ではなくても、filename を C のソース ファイルとして指定します。 これに対し、/Tp オプションは、ファイルの拡張子が .cpp または .cxx ではなくても、filename を C++ のソース ファイルとして指定します。 両オプションとも、引数 filename との間にスペースを挿入してもかまいません。 この 2 つのオプションでは、一度に指定できるファイルは 1 つだけです。複数のファイルを指定する場合は、ファイルごとにオプションを繰り返します。

/TC/TP は、それぞれ /Tc/Tp のグローバル変数です。 /TC オプションと /TP オプションでは、コマンド ラインで指定されたすべてのファイルをそれぞれ C のソース ファイル (/TC) または C++ のソース ファイル (/TP) として処理するようにコンパイラに指定します。これは、コマンド ラインでのファイル名とオプションの位置には関係ありません。 これらのグローバル オプションは、それぞれ /Tc または /Tp を使用して、単一ファイル上でオーバーライドできます。

/Tcfilename  
/Tpfilename  
/TC  
/TP  

filename
C または C++ のソース ファイル。

既定では、拡張子 .c のファイルは C のソース ファイルと見なされ、拡張子 .cpp または .cxx のファイルは C++ のソース ファイルと見なされます。

TC または Tc オプションを指定すると、/Zc:wchar_t (wchar_t をネイティブ型として認識) オプションの指定は無視されます。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [C/C++] フォルダーをクリックします。

  3. [詳細] プロパティ ページをクリックします。

  4. [コンパイル言語の選択] プロパティを変更します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

  • CompileAs」を参照してください。

次の CL コマンド ラインは、MAIN.c、TEST.prg、および COLLATE.prg を C のソース ファイルとして指定しています。 PRINT.prg は認識されません。

CL MAIN.C /TcTEST.PRG /TcCOLLATE.PRG PRINT.PRG  

次の CL コマンド ラインは、TEST1.c、TEST2.cxx、TEST3.huh、および TEST4.o を C++ ファイルとしてコンパイルし、TEST5.z を C ファイルとしてコンパイルすることを指定しています。

CL TEST1.C TEST2.CXX TEST3.HUH TEST4.O /Tc TEST5.Z /TP  

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: