Visual Studio 2017 を使用することをお勧めします

/FC (診断時のソース コード ファイルの完全パス)

 

公開日: 2016年7月

Visual Studio 2017 RC の最新のドキュメントの詳細については、Visual Studio 2017 RC ドキュメントをご参照ください。

診断時にコンパイラに渡される、ソース コード ファイルの完全パスを表示します。

/FC  

次のコードを例に取ります。

// compiler_option_FC.cpp  
int main( ) {  
   int i   // C2143  
}  

/FC を指定しないと、この診断テキストは次の診断テキストのようになります。

  • compiler_option_FC.cpp(5) : error C2143: 構文エラー : ';' が '}' の前にありません。

/FC を指定すると、この診断テキストは次の診断テキストのようになります。

  • c:\test\compiler_option_FC.cpp(5) : error C2143: 構文エラー : ';' が '}' の前にありません。

__FILE__ マクロを使用するときにファイル名の完全パスを確認する場合も、/FC を指定する必要があります。__FILE__ の詳細については、「定義済みマクロ」を参照してください。

/FC オプションは、/ZI によって暗黙的に指定されます。 /ZI の詳細については、「/Z7、/Zi、/ZI (デバッグ情報の形式)」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、「方法 : プロジェクト プロパティ ページを開く」を参照してください。

  2. [構成プロパティ] ノードを展開します。

  3. [C/C++] ノードを展開します。

  4. [詳細] プロパティ ページをクリックします。

  5. [完全パスの使用] プロパティを変更します。

このリンカーをコードから設定するには

  1. UseFullPaths」を参照してください。

コンパイラ オプション
コンパイラ オプションの設定

表示: