新しい Office を自由に展開できる新しい方法

Office 2013 と Office 365 により、Office アプリケーションの操作方法が変化するだけでなく、運用ニーズを満たすために Office を購入、展開、管理、およびサポートする方法の選択肢が広がります。

TechNet On Archive