Skip to main content

IE8 の WebBrowser コントロールのレンダリング モード

更新日: 2008 年 3 月 18 日


本記事は、Internet Explorer 開発チーム ブログ (英語) の翻訳記事です。本記事に含まれる情報は、Internet Explorer 開発チームブログ (英語) が作成された時点の内容であり、製品の仕様や動作内容を保証するものではありません。本記事に含まれる情報の利用については、 使用条件をご参照ください。また、本記事掲載時点で、Internet Explorer 開発チーム ブログ (英語) の内容が変更されている場合があります。最新情報については、Internet Explorer 開発チームブログ (英語) をご参照ください。

翻訳元 : WebBrowser Control Rendering Modes in IE8 (英語)



一般的によく使われているアプリケーションやWindows システム コンポーネントの多くは、プログラム内からMSIE WebBrowser コントロールを使用して Web ページを表示しています。ライブ サイトと違い、これらのコントロール内部に読み込まれたページは、ライブラリに保存された静的リソースやシステムの実行可能ファイルであることが一般的です。 Web マスタが IE の新バージョンで正しく表示されるようにサイトを容易に変更できるのに対し、ソフトウェア ベンダの多くには、内部ページを更新した新バージョンのアプリケーションをすぐ出荷するために必要なリソースがありません。 IE8 では、既存のアプリケーションが確実に正しく動作し続けるように、 WebBrowser コントロールのインスタンス内で実行しているページを IE7 標準モードで表示するのが既定値になっています。

アプリケーションごとの WebBrowser コントロール レンダリング設定

上に示したテスト コンテナは、WebBrowser コントロール コンテナ内の既定値として実行されるIE7 標準モードを使用しています。このモードが既存アプリケーションに関して正しく動作するのに対し、新規アプリケーションを開発中の開発者は、下に示すような、新しい IE8 標準レンダリング モードの使用を検討する可能性があります。

実行可能ファイルが WebBrowser コントロールのインスタンスを読み込む際、レジストリをスキャンして、実行可能ファイルがIE7 標準モードと IE8 標準モードのどちらを使うかを確認します。

WebBrowser コントロールを IE7 標準モードで実行するには、レジストリに次の値を挿入します。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_NATIVE_DOCUMENT_MODE]

"MyApplication.exe"=dword:11170

IE8 標準モードで実行するには、次のレジストリ値を挿入します。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_NATIVE_DOCUMENT_MODE]

"MyApplication.exe"=dword:13880

この両方のインスタンスで、MyApplication.exe を、指定したモードで WebBrowser コントロールを実行する実行可能ファイルの名前に置き換えてください。

ユーザー エージェント文字列と WebBrowser 互換モードのレンダリング問題

IE のレンダリング モードの仕様は、IE5 互換モードにも適用されます。 WebBrowser コントロールのインスタンスを IE5 互換モードで実行するには、レジストリに次の値を挿入します。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_NATIVE_DOCUMENT_MODE]

"MyApplication.exe"=dword:C350

IE8 Beta 1 ビルドで既知のバグのため、ブラウザ インスタンスから戻されるユーザー エージェント文字列は、それが「MSIE 8.0 」であることを示します( 上のスクリーン ショットを参照) 。ナレッジ ベースの記事 183412 にこのシナリオの次善策の説明があります。

IE のバージョン ターゲティングと WebBrowser レンダリング モード

IE のウィンドウに表示される Web ページ同様、 WebBrowser コントロール内にホストされるページも、レンダリング モードを指定する X-UA 互換のメタ タグを使用してレンダリング設定を上書きすることができます。書式設定とバージョン ターゲティング メタ タグ値の詳細については、スコット・ディキンズの こちら の最新投稿を参照してください。

Matthew David Crowley
プログラム マネージャ
Internet Explorer 機能拡張担当

 

2008 年 3 月 18 日火曜日発行 ( ieblog (英語) 上)

タグ : General IE Information (英語)、 Developers (英語)

 

ページのトップへページのトップへ

評価してください: