アーキテクチャ ジャーナル
- 第 12 号 : Web アーキテクチャ -

 

left  アーキテクチャ ジャーナル - 第 12 号 : Web アーキテクチャ - の内容をダウンロードする (もはや利用できます) (ZIP 形式 / 7.86MB)

 序文: 親愛なるすべてのアーキテクトに

ャーナル第 12 号をご購読いただき、ありがとうございます。今回のテーマは ”Web アーキテクチャ” です。ここ数年、ほとんどすべての組織のアーキテクトにとって Web がいかに重要になっているかは言うまでもありません。しかしながら、Web に対応する設計について多くの人々と話してみて、よく話題にのぼったことの 1 つは、これまで機能してきたアーキテクチャの原則を Web に適合させて取り入れ、リファクタリングする必要性です。結果的に、この点に留意して今号の記事を選ぶようにしました。

「企業のおける Web 2.0」 というトピックで今号の最初に掲載されているのは、再登場となる Michael Platt 氏の記事です。Michael は、Web 2.0 のテクノロジ、データ、およびユーザーの原則をいくつか取り上げ、企業の内外でどのように使用できるかを位置付けています。Michael の記事に続いて、Gianpaolo Carraro 氏、Fred Chong 氏、および Eugenio Pace 氏がサービス提供プラットフォームの概念を紹介しています。彼らは、サービスとしてのソフトウェア分野での仕事に基づいて、現在 Web 上で効率のよいソフトウェア配布を可能にするために必要な事柄について説明しています。その後、Windows Live チームの Danny Thorpe が、ブラウザでのクロスドメイン通信の複雑さについて検討する記事を寄せています。Danny は新たな類推によって、この課題の克服に使用できる一連の手法を取り上げています。アプリケーション指向のリレーショナル データ モデルに関する Michael Pizzo 氏の優れた記事もあります。Web 上の多くのアプリケーションではデータが大きな割合を占めており、Michael は現在のデータベースとアプリケーションのスキーマに関する課題をいくつか取り上げ、この 2 つをより適切に統合するためのフレームワークを紹介しています。

最新号の私の紹介では、私の元同僚である Pat Helland 氏のことをお話しました。今号では、Visual Studio チームのアーキテクトとして最近マイクロソフトに復帰した Pat と旧交を温めました。Pat が果たそうとしている役割とアーキテクトになる方法について、彼の興味深い意見をうかがいました。Pat とのインタビューに続いて、Peter Hammond 氏の記事を掲載しています。Peter はこの 10 年以上にわたる経験を語り、多くの人々が関係することができるデータの問題を取り上げ、現在の Web を介した信頼性の高いデータ交換方法を紹介しています。今号を締めくくるのは、幸運なことに Jesse Kaplan 氏の記事です。Jesse は .NET Framework の次期リリースでのアーキテクチャについて検討し、信頼性および柔軟性の高いアドインを作成するためのモデルを紹介しています。

これで、今号は終わりです。適応に関して言えば、このアーキテクチャ ジャーナルでは、私たちは常に新しいことを試みており、その多くは読者の皆さんから聞いたことに基づいています。本誌をよりよい出版物にするために、次号のテーマや記事に関してご意見がありましたら、ぜひお寄せください。 editors@architecturejournal.net へのご連絡をお待ちしております。

Simon Guest


 アーキテクチャ ジャーナル - 第 12 号 : Web アーキテクチャ - の内容

  アーキテクチャ ジャーナル - 第 12 号 : Web アーキテクチャ - の内容をダウンロードする (もはや利用できます) (ZIP 形式 / 7.86MB)

企業における Web 2.0
Web 2.0 アーキテクチャのテクノロジ、データ、および人々の要素と、企業の内外でどのように使用できるかについて解説します
 
サービス提供プラットフォームを通じたソフトウェアの効率的な配布
Web へのソフトウェアの効率的な配布を可能にするサービス提供プラットフォームの利用について検討します。 
 
ブラウザでのクロスドメイン通信のセキュリティ保護
現在のブラウザは、福数のドメインにまたがる動作が非効率的です。情報を共有できる web サイトを開発する新しい手法について説明します
 
アーキテクチャ ジャーナルプロフィール : Pat Helland
Pat Helland は、マイクロソフトの Visual Studio チームのアーキテクトです。彼の経歴とアーキテクトになることに関する見解についての最新インタビューです
 
Web 上でのデータの信頼性
Web 上でのデータ交換には多数のパターンが存在します。一連の経験から得た推奨事項と避けるべき落とし穴について説明します。 
 
マネージアドイン: 高度なバージョン管理と信頼性の高いホスティング
柔軟性および信頼性の高いアドイン モデルをサポートする .NET Framework の次期リリースの高度なアーキテクチャ概念について説明します
 
SOA におけるバージョン管理
サービスのバージョン管理の概念はシンプルですが、その実装には思考を重ね、さまざまな計画を立てる必要があります。組織でこれを実現する手法をいくつか紹介します。 
 

  アーキテクチャ ジャーナル - 第 12 号 : Web アーキテクチャ - の内容をダウンロードする (もはや利用できます) (ZIP 形式 / 7.86MB) 


ページのトップへ