StreamedFileDataRequestedHandler Delegate

StorageFile が最初にアクセスされたときに、その StorageFile のデータ ストリームを生成するためにアプリケーションが定義する関数を表します。

構文


var streamedFileDataRequestedHandler = function(stream) {
 /* コード */
}

属性

[Version(0x06020000)]

パラメーター

stream

型: StreamedFileDataRequest

CreateStreamedFileAsync または ReplaceWithStreamedFileAsync によって作成された StorageFile 内のストリーム データの要求。

注釈

この関数は CreateStreamedFileAsync または ReplaceWithStreamedFileAsync メソッドによって返される StorageFile で表現されるデータ ストリームを生成する必要があります。

CreateStreamedFileAsync または ReplaceWithStreamedFileAsyncStreamedFileDataRequestedHandler 関数と共に使用すると、作成時にファイルの内容を記述する代わりに、オンデマンドのデータを生成できます。データが必要になるまで (データへの最初のアクセスがあるまで) 負荷が高い操作でデータを作成することを遅らせて、データ生成中のユーザー操作での不要な遅延を防止できます。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012

サポートされている最小の電話

Windows Phone 8 [未実装、「注釈」を参照]

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

 

 

表示:
© 2015 Microsoft