この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataGridView.SelectedRows プロパティ

 

公開日: 2016年10月

ユーザーが選択した行のコレクションを取得します。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

[BrowsableAttribute(false)]
public DataGridViewSelectedRowCollection SelectedRows { get; }

プロパティ値

Type: System.Windows.Forms.DataGridViewSelectedRowCollection

ユーザーが選択した行を格納している DataGridViewSelectedRowCollection

SelectionMode にプロパティを設定する必要があります FullRowSelect または RowHeaderSelectSelectedRows 化が設定されるプロパティは、行を選択します。

このプロパティには、参照されている時に選択範囲の読み取り専用スナップショットが含まれています。 このコレクションのコピーを保持する場合とは異なって実際、その後 DataGridView 状態で、ユーザーが変更した、選択します。 したがっては使用しないでください、コレクションのコピー。

プログラムを使用して行を選択して、次のように設定します。 その Selectedプロパティを trueします。

次のコード例では、使用して、 SelectedRows プロパティに、 UserDeletingRow イベントです。 最初の行が含まれている場合、この例では、 SelectedRows コレクションし、削除が取り消されました。 この例で使用できる例の一部である、 SelectionChanged イベントです。

private void DataGridView1_UserDeletingRow(object sender,
    DataGridViewRowCancelEventArgs e)
{
    DataGridViewRow startingBalanceRow = DataGridView1.Rows[0];

    // Check if the Starting Balance row is included in the selected rows
    if (DataGridView1.SelectedRows.Contains(startingBalanceRow))
    {
        // Do not allow the user to delete the Starting Balance row.
        MessageBox.Show("Cannot delete Starting Balance row!");

        // Cancel the deletion if the Starting Balance row is included.
        e.Cancel = true;
    }
}

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: