このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

方法 : Web サービス プロキシを生成する

.NET Framework 3.5

更新 : 2007 年 11 月

クライアント アプリケーションから Web サービスにアクセスするには、最初に Web 参照を追加する必要があります。これは、Web サービスへの参照です。Web 参照を作成すると、Visual Studio は Web サービス プロキシ クラスを自動的に作成してプロジェクトに追加します。このプロキシ クラスは、Web サービスのメソッドを公開し、Web サービスとアプリケーションとの間でやり取りされる適切な引数のマーシャリングを処理します。Visual Studio は、Web サービス記述言語 (WSDL: Web Services Description Language) を使用してプロキシを作成します。詳細については、「XML Web サービス インフラストラクチャ」を参照してください。

Web 参照 URL プロパティを使用して、Web サービスの URL を指定できます。[Web 参照の追加] では、このプロパティを既定により、指定した Web サービスの URL (静的 URL) に設定します。Web 参照では、静的な URL または動的な URL を使用できます。Web 参照の [URL の動作] プロパティを [ダイナミック] に設定すると、アプリケーションは、アプリケーションの構成ファイルの appSettings 要素 (全般設定スキーマ) セクションから実行時に URL を取得します。詳細については、「Visual Studio の Web 参照」を参照してください。

クライアント アプリケーションへの Web 参照を追加した後は、コンポーネントの他のすべてのメソッドと同様に、その Web サービスの公開されたメソッドを呼び出し、結果にアクセスできます。詳細については、「方法 : Web サービスを呼び出す」を参照してください。

Web 参照を追加できない場合、たとえば、Visual Studio を使用しているコンピュータから Web サービスにアクセスできない場合などは、Web サービス記述言語ツール (Wsdl.exe) を使用して Web サービス クライアント プロキシ クラスを生成します。詳細については、「XML Web サービス プロキシの作成」を参照してください。

Web サービス プロキシ クラスを生成するには

  • プロジェクトに Web 参照を追加します。詳細については、「方法 : リモート Web 参照を追加および削除する」を参照してください。プロキシ クラスは、自動的に生成され、ソリューションに追加されます。その後で、他のクラスと同様にインスタンス化できます。

表示: