SuspendingEventArgs Class

アプリケーション中断イベントに関するデータを提供します。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[MarshalingBehavior(Standard)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

SuspendingEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The SuspendingEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

SuspendingEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

SuspendingOperation

読み取り専用Gets the app suspension operation.

 

解説

このオブジェクトは、WebUIApplication.suspending イベントに応答するために、WebUIApplication.SuspendingEventHandler を実装するときにアクセスされます。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッドとマーシャリング (C++/CX)」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.UI.WebUI

メタデータ

Windows.winmd

参照

タスク
アプリケーションを中断する方法
参照
SuspendingOperation
サンプル
WRL サンプルを使用してアクティブ化、再開、および中断されるアプリケーション

 

 

表示:
© 2014 Microsoft