情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

LauncherUIOptions Class

この API から呼び出すことができる、アプリケーション ピッカーなど、ユーザー インターフェイス要素のオプションを指定します。

構文


var launcherUIOptions = Windows.System.LauncherOptions.uI;

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

LauncherUIOptionsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The LauncherUIOptions クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

LauncherUIOptionsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

InvocationPoint

読み取り/書き込みGets or sets the point on the screen where the user opened a file or URI.

PreferredPlacement

読み取り/書き込みGets or sets the preferred placement of the Open With and Warning dialog boxes when starting a default app.

SelectionRect

読み取り/書き込みGets or sets the selection rectangle on the screen where the user opened a file or URI.

 

解説

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.System
Windows::System [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

サンプル
関連起動のサンプル
タスク
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
ファイルに応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (JavaScript)
URI に応じて既定のアプリを起動する方法 (C#/VB/C++)
ガイドライン
ファイルの種類と URI のガイドラインとチェック リスト
参照
Launcher.LaunchFileAsync(IStorageFile, LauncherOptions)
Launcher.LaunchUriAsync(Uri, LauncherOptions)

 

 

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.