PathIO Class

ファイルの絶対パスまたは URI が使用されるファイルの読み取りと書き込みに、ヘルパー メソッドを提供します。

構文


var pathIO = Windows.Storage.PathIO;

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Threading(Both)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

PathIOクラス には次の種類のメンバーが含まれます:

メソッド

The PathIO クラス には次のメソッドがあります。C#、Visual Basic、C++ では、次のもののメソッドも継承しますObject クラス.

メソッド説明
AppendLinesAsync(String, IIterable(String)) Appends lines of text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI).
AppendLinesAsync(String, IIterable(String), UnicodeEncoding) Appends lines of text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) using the specified character encoding.
AppendTextAsync(String, String) Appends text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI).
AppendTextAsync(String, String, UnicodeEncoding) Appends text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) using the specified character encoding.
ReadBufferAsync Reads the contents of the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) and returns a buffer.
ReadLinesAsync(String) Reads the contents of the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) and returns lines of text.
ReadLinesAsync(String, UnicodeEncoding) Reads the contents of the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) using the specified character encoding and returns lines of text.
ReadTextAsync(String) Reads the contents of the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) and returns text.
ReadTextAsync(String, UnicodeEncoding) Reads the contents of the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) using the specified character encoding and returns text.
WriteBufferAsync Writes data from a buffer to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI).
WriteBytesAsync Writes a single byte of data to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI).
WriteLinesAsync(String, IIterable(String)) Writes lines of text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI).
WriteLinesAsync(String, IIterable(String), UnicodeEncoding) Writes lines of text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) using the specified character encoding.
WriteTextAsync(String, String) Writes text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI).
WriteTextAsync(String, String, UnicodeEncoding) Writes text to the file at the specified path or Uniform Resource Identifier (URI) using the specified character encoding.

 

注釈

このクラスは静的クラスであり、インスタンス化できません。代わりに、メソッドを直接呼び出します。

  パスまたは URI を使用してファイルの読み取りまたは書き込みを行うには、ファイルの場所へのアクセス許可が必要です。アプリケーションにアクセス権限が与えられている場所の詳細については、「File access and permissions in Windows Store apps (Windows ストア アプリでのファイルのアクセスと許可)」を参照してください。

アプリケーションの URI を指定すると、アプリケーション データ フォルダー ("ms-appdata://") などのアプリケーション固有の場所でファイルの読み取りまたは書き込みを行うことができます。アプリケーションの URI については、「How to reference content (コンテンツを参照する方法)」を参照してください。

次のように、テキストをファイルに書き込むために、writeTextAsync(filePathOrURI, contents) を使用できます。



if (file !== null) {
    Windows.Storage.PathIO.writeTextAsync(filePathOrURI, "Swift as a shadow").done(function () {
        // Perform additional tasks after file is written
    },
    // Handle errors with an error function
    function (error) {
        // Handle errors encountered during write
    });
}

例では、filePathOrURI は、URI (アプリケーションの URI "ms-appdata://sampleFile.dat" など) または読み取るファイルのファイル システム パス (C:\examplepath\sampleFile.dat など) が含まれるローカル変数です。

writeTextAsync メソッドには戻り値はありませんが、この例からわかるように、テキストがファイルに書き込まれた後で追加タスクを実行できます。

readTextAsync(filePathOrURI) を使用すると、次のようにファイルからテキストを読み込むことができます。


if (file !== null) {
    Windows.Storage.PathIO.readTextAsync(filePathOrURI).done(function (fileContent) {
        // Process content read from the file
    },
    // Handle errors with an error function
    function (error) {
        // Handle errors encountered during read
    });
}

例では、filePathOrURI は、URI (アプリケーションの URI "ms-appdata://sampleFile.dat" など) または読み取るファイルのファイル システム パス (C:\examplepath\sampleFile.dat など) が含まれるローカル変数です。

readTextAsync が完了すると、fileContent 変数はファイルのコンテンツをテキスト文字列として取得します。その後、必要に応じてコンテンツを処理できます。

関連するその他の例については、「File Access sample (ファイル アクセス サンプル)」および「FileIO」を参照してください。

要件

サポートされている最小のクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

サポートされている最小のサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

名前空間

Windows.Storage
Windows::Storage [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

ファイル アクセスのサンプル
FileIO

 

 

表示:
© 2014 Microsoft