Accelerometer Class

加速度センサーを表します。

このセンサーは、x、y および z 軸に対する重力値を返します。

構文


var accelerometer = Windows.Devices.Sensors.Accelerometer;

属性

[DualApiPartition()]
[MarshalingBehavior(Agile)]
[Threading(Both)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

Accelerometerクラス には次の種類のメンバーがあります。

イベント

Accelerometerクラス にはこれらのイベントがあります。

イベント説明
ReadingChanged Occurs each time the accelerometer reports a new sensor reading.
Shaken Occurs when the accelerometer detects that the PC has been shaken.

 

メソッド

The Accelerometer クラス には次のメソッドがあります。 With C#、Visual Basic、および C++ では、以下からもメソッドが継承されます。Object クラス.

メソッド説明
GetCurrentReading Gets the current accelerometer reading.
GetDefault Returns the default accelerometer.

 

プロパティ

Accelerometerクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

MinimumReportInterval

読み取り専用Gets the minimum report interval supported by the accelerometer.

ReportInterval

読み取り/書き込みGets or sets the current report interval for the accelerometer.

 

解説

アプリケーションは、このクラスのメソッドを使用して、センサーの読み取りが変更されたかどうかや、デバイスが振動したかどうかを確認します。

アプリケーションは、このクラスのプロパティを使用して、センサーのレポートの間隔を取得して調整します。

XAML および C# を使って構築した Windows ストア アプリが、GetDefault メソッドを使用して加速度計への接続を確立する方法を次の例に示します。統合された加速度計が検出されない場合、メソッドは null 値を返します。


_accelerometer = Accelerometer.GetDefault();


XAML で構築された Windows ストア アプリが ReadingChanged イベント ハンドラーを登録する方法を次の例に示します。


private void ScenarioEnable(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    if (_accelerometer != null)
    {
        // Establish the report interval
        _accelerometer.ReportInterval = _desiredReportInterval;

        Window.Current.VisibilityChanged += new WindowVisibilityChangedEventHandler(VisibilityChanged);
        _accelerometer.ReadingChanged += new TypedEventHandler<Accelerometer, AccelerometerReadingChangedEventArgs>(ReadingChanged);

        ScenarioEnableButton.IsEnabled = false;
        ScenarioDisableButton.IsEnabled = true;
    }
    else
    {
        rootPage.NotifyUser("No accelerometer found", NotifyType.StatusMessage);
    }
}


次の例は、ReadingChanged イベント ハンドラーを示しています。


async private void ReadingChanged(object sender, AccelerometerReadingChangedEventArgs e)
{
    await Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, () =>
    {
        AccelerometerReading reading = e.Reading;
        ScenarioOutput_X.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AccelerationX);
        ScenarioOutput_Y.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AccelerationY);
        ScenarioOutput_Z.Text = String.Format("{0,5:0.00}", reading.AccelerationZ);
    });
}


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされるサーバー

サポートなし [Windows ストア アプリ, デスクトップ アプリ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.Devices.Sensors
Windows::Devices::Sensors [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

Accelerometer のクイックスタート
Accelerometer のサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft