ListingInformation Class

Windows ストア内のアプリケーションを記述するリスティング情報を提供します。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[MarshalingBehavior(Agile)]
[Threading(Both)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

ListingInformationクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The ListingInformation クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

ListingInformationクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

AgeRating

読み取り専用Gets the age rating for the app.

CurrentMarket

読み取り専用Gets the country code associated with the user's location, such as US or CA, that is used to identify their market for transactions in the current session.

Description

読み取り専用Gets the app's description in the current market.

FormattedPrice

読み取り専用Gets the app's purchase price formatted for the current market and currency.

Name

読み取り専用Gets the app's name in the current market.

ProductListings

読み取り専用Gets information about the features and products that can be bought by making in-app purchases.

 

解説

このオブジェクトによって返される情報は、アプリケーションを Windows ストアに送信する際に入力するリスティング情報から取得されます。

このオブジェクトにアクセスするには、テスト中に CurrentAppSimulator オブジェクトの LoadListingInformationAsync メソッドを使用するか、アプリケーションを Windows ストアから配布するときに CurrentApp オブジェクトの LoadListingInformationAsync メソッドを使用します。


// get current app object using the simulator interface
currentApp = Windows.ApplicationModel.Store.CurrentAppSimulator;

// get the listing information for the products this app supports
currentApp.loadListingInformationAsync().then(
    function (listing) {
        // loadListingInformationAsync returns the ListingInformation object in listing.
        // get one of the listing properties
        thisAppsAgeRating = listing.ageRating;
    }
);


メモ  CurrentApp オブジェクトは Windows ストアからデータを取得します。したがって、ユーザーは Windows ストアの開発者のアカウントを持ち、アプリケーションを Windows ストアで発行する必要があります。Windows ストア開発者アカウントがない場合は、CurrentAppSimulator を使用して、このクラスの関数をテストできます。

このコード例は、シミュレートされたアプリケーションのデータから ListingInformation を取得してから、そのアプリケーションによって提供されるいずれかの機能の ProductListing オブジェクトを取得する方法を示します。


// get current app object using the simulator interface
currentApp = Windows.ApplicationModel.Store.CurrentAppSimulator;

// get the listing information for the products this app supports
currentApp.loadListingInformationAsync().then(
    function (listing) {
        // loadListingInformationAsync returns the ListingInformation object in listing.
        // get one of the listing properties
        thisAppsPrice = listing.formattedPrice;
    }
);


要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8

名前空間

Windows.ApplicationModel.Store
Windows::ApplicationModel::Store [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

Windows ストアでのアプリの表示方法
ProductListing
ProductListings

 

 

表示:
© 2014 Microsoft