展開 最小化

OpCodes.Conv_Ovf_U1 フィールド

2013/12/12

評価スタックの一番上にある符号付きの値を unsigned int8 に変換して int32 に拡張し、オーバーフローについては OverflowException をスローします。

Namespace:  System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static readonly OpCode Conv_Ovf_U1

命令の 16 進数の形式、MSIL (Microsoft Intermediate Language) アセンブリ形式、および簡単な説明の一覧を次の表に示します。

形式

アセンブリ形式

説明

B4

conv.ovf.u1

unsigned int8 に変換し (スタック上で int32 として)、オーバーフローについては例外をスローします。

スタックの遷移動作を順番に示すと、次のようになります。

  1. value がスタックにプッシュされます。

  2. value がスタックからポップされ、変換演算が試行されます。オーバーフローが発生すると、例外がスローされます。

  3. 正常に変換された場合は、結果値がスタックにプッシュされます。

conv.ovf.u1 オペコードは、スタックの一番上の value をオペコードで指定された型に変換し、変換した値をスタックの一番上に残します。ターゲットの型で表現するには値が大きすぎるか、小さすぎる場合は、例外がスローされます。

浮動小数点数から整数値への変換では、数値が 0 方向に切り捨てられます。4 バイト未満の整数値は、評価スタックに読み込まれるときに int32 に拡張されます。ただし、conv.ovf.i または conv.ovf.u が使用される場合を除きます。この場合は、結果も native int になります。

結果を結果型で表すことができない場合は、OverflowException がスローされます。

conv.ovf.u1 オペコードを使用できる Emit メソッド オーバーロードを次に示します。

  • ILGenerator.Emit(OpCode)

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

表示:
© 2014 Microsoft