ILGenerator クラス

2013/12/12

MSIL (Microsoft Intermediate Language) 命令を生成します。

System.Object
  System.Reflection.Emit.ILGenerator

Namespace:  System.Reflection.Emit
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public class ILGenerator

ILGenerator 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティILOffsetILGenerator によって出力されている MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリーム内の現在のオフセットをバイト単位で取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドBeginCatchBlockcatch ブロックを開始します。
パブリック メソッドBeginExceptFilterBlockフィルター処理された例外の例外ブロックを開始します。
パブリック メソッドBeginExceptionBlockフィルター処理されない例外の例外ブロックを開始します。
パブリック メソッドBeginFaultBlockMSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームで例外 fault ブロックを開始します。
パブリック メソッドBeginFinallyBlockMSIL (Microsoft Intermediate Language) 命令ストリームで finally ブロックを開始します。
パブリック メソッドBeginScope構文スコープを開始します。
パブリック メソッドDeclareLocal(Type)指定した型のローカル変数を宣言します。
パブリック メソッドDeclareLocal(Type, Boolean)指定した型のローカル変数を宣言し、その変数が参照するオブジェクトを任意に固定します。
パブリック メソッドDefineLabel新しいラベルを宣言します。
パブリック メソッドEmit(OpCode)指定された命令を命令のストリームに書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Byte)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と文字引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Double)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と数値引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Int16)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と数値引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Int32)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と数値引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Int64)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と数値引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, ConstructorInfo)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と指定したコンストラクターのメタデータ トークンを書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Label)指定された命令を MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに書き込み、位置を確定した後でラベルを格納する領域を残します。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Label[])指定された命令を MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに書き込み、位置を確定した後でラベルを格納する領域を残します。
パブリック メソッドEmit(OpCode, LocalBuilder)指定した命令を MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに書き込み、その後ろに特定のローカル変数のインデックスを書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, SignatureHelper)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令とシグネチャ トークンを書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, FieldInfo)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と指定したフィールドのメタデータ トークンを書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, MethodInfo)指定した命令を MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに書き込み、その後ろに指定したメソッドのメタデータ トークンを書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, SByte)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と文字引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Single)命令の MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに、指定した命令と数値引数を書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, String)指定した命令を MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに書き込み、その後ろに特定の文字列のメタデータ トークンを書き込みます。
パブリック メソッドEmit(OpCode, Type)指定した命令を MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに書き込み、その後ろに特定の型のメタデータ トークンを書き込みます。
パブリック メソッドEmitCallMSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに call 命令または callvirt 命令を書き込んで、varargs メソッドを呼び出します。
パブリック メソッドEmitCalli間接的な呼び出しに関するマネージ呼び出し規約を指定して、MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームに Calli 命令を書き込みます。
パブリック メソッドEmitWriteLine(FieldInfo)指定したフィールドを使用して Console.WriteLine を呼び出すために必要な MSIL を生成します。
パブリック メソッドEmitWriteLine(LocalBuilder)指定したローカル変数を使用して Console.WriteLine を呼び出すために必要な MSIL を生成します。
パブリック メソッドEmitWriteLine(String)文字列を使用して Console.WriteLine を呼び出す MSIL を生成します。
パブリック メソッドEndExceptionBlock例外ブロックを終了します。
パブリック メソッドEndScope構文スコープを終了します。
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドMarkLabel指定したラベルを使用して、MSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームの現在の位置をマークします。
パブリック メソッドMarkSequencePointMSIL (Microsoft Intermediate Language) ストリームにシーケンス ポイントをマークします。
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドThrowException例外をスローする命令を作成します。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドUsingNamespace現在のアクティブな構文スコープでローカルとウォッチの評価に使用する名前空間を指定します。
このページのトップへ

ILGenerator は、(DynamicMethod クラスで表される) スタンドアロン動的メソッドのメソッド本体を生成するために使用します。ILGenerator を取得するには、DynamicMethod.GetILGenerator メソッドを使用します。

MSIL (Microsoft Intermediate Language) は、ジャスト イン タイム (JIT: Just-In-Time) コンパイラへの入力として使用されます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft