情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Directory.SetLastWriteTimeUtc メソッド

ディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻を世界協定時刻 (UTC) 形式で設定します。

名前空間:  System.IO
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public static void SetLastWriteTimeUtc(
	string path,
	DateTime lastWriteTimeUtc
)

パラメーター

path
型: System.String
ディレクトリのパス。
lastWriteTimeUtc
型: System.DateTime
ディレクトリに最後に書き込んだ日付と時刻。 この値は UTC 時刻で表現されます。

例外条件
FileNotFoundException

指定したパスが見つかりませんでした。

ArgumentException

path が、長さが 0 の文字列であるか、空白しか含んでいないか、または InvalidPathChars で定義されている無効な文字を 1 つ以上含んでいます。

ArgumentNullException

pathnull です。

PathTooLongException

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。 たとえば、Windows ベースのプラットフォームの場合、パスの長さは 248 文字未満、ファイル名の長さは 260 文字未満である必要があります。

UnauthorizedAccessException

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

PlatformNotSupportedException

現在のオペレーティング システムは Windows NT 以降ではありません。

ArgumentOutOfRangeException

lastWriteTimeUtc は、この操作で許可される日付または時刻の範囲を超える値を指定します。

path パラメーターは、相対パス情報または絶対パス情報を指定することを許可されています。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対して相対的に解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、GetCurrentDirectory のトピックを参照してください。

path パラメーターでは大文字と小文字が区別されません。

共通 I/O タスクの一覧については、「共通 I/O タスク」を参照してください。

プラットフォーム メモ: これらのオペレーティング システムではこのメソッドはサポートされません。

世界協定時刻 (UTC) を使用した場合の出力の違いを、次のコード例に示します。


// This sample shows the differences between dates from methods that use
//coordinated universal time (UTC) format and those that do not.
using System;
using System.IO;

namespace IOSamples
{
  public class DirectoryUTCTime
  {
    public static void Main()
    {
	// Set the directory.
      string n = @"C:\test\newdir";
		//Create two variables to use to set the time.
	  DateTime dtime1 = new DateTime(2002, 1, 3);
	  DateTime dtime2 = new DateTime(1999, 1, 1);

	//Create the directory.
	  try
	  {
		  Directory.CreateDirectory(n);
	  }
	  catch (IOException e)
	  {
		  Console.WriteLine(e);
	  }

	//Set the creation and last access times to a variable DateTime value.
	  Directory.SetCreationTime(n, dtime1);
	  Directory.SetLastAccessTimeUtc(n, dtime1);

		// Print to console the results.
	  Console.WriteLine("Creation Date: {0}", Directory.GetCreationTime(n));
	  Console.WriteLine("UTC creation Date: {0}", Directory.GetCreationTimeUtc(n));
	  Console.WriteLine("Last write time: {0}", Directory.GetLastWriteTime(n));
	  Console.WriteLine("UTC last write time: {0}", Directory.GetLastWriteTimeUtc(n));
	  Console.WriteLine("Last access time: {0}", Directory.GetLastAccessTime(n));
	  Console.WriteLine("UTC last access time: {0}", Directory.GetLastAccessTimeUtc(n));

		//Set the last write time to a different value.
      Directory.SetLastWriteTimeUtc(n, dtime2);
	  Console.WriteLine("Changed last write time: {0}", Directory.GetLastWriteTimeUtc(n));
    }
  }
}
// Obviously, since this sample deals with dates and times, the output will vary
// depending on when you run the executable. Here is one example of the output:
//Creation Date: 1/3/2002 12:00:00 AM
//UTC creation Date: 1/3/2002 8:00:00 AM
//Last write time: 12/31/1998 4:00:00 PM
//UTC last write time: 1/1/1999 12:00:00 AM
//Last access time: 1/2/2002 4:00:00 PM
//UTC last access time: 1/3/2002 12:00:00 AM
//Changed last write time: 1/1/1999 12:00:00 AM



.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft