情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。
このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

IDisposable.Dispose メソッド

アンマネージ リソースの解放およびリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。

名前空間:  System
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)
void Dispose()

このメソッドは、このインターフェイスを実装するクラスのインスタンスが保持する、ファイル、ストリーム、ハンドルなどのアンマネージ リソースを閉じたり解放したりする場合に使用します。 このメソッドは、通常、オブジェクトが保持するリソースの解放や、オブジェクトの再利用の準備に関連付けられたすべてのタスクで使用されます。

重要 :重要

C++ プログラマは、「Destructors and Finalizers in Visual C++」を参照してください。 .NET Framework Version 2.0 では、C++ コンパイラはリソースの確定的な破棄の実装をサポートし、Dispose メソッドを直接実装することは許可しません。

このメソッドを実装する場合、この呼び出しをコンテインメント階層全体に伝達することによって、保持しているリソースがすべて確実に解放されるようにする必要があります。 たとえば、オブジェクト A がオブジェクト B を割り当て、オブジェクト B がオブジェクト C を割り当てると、A の Dispose 実装は B の Dispose を呼び出し、さらにこれが C の Dispose を呼び出す必要があります。 基本クラスが IDisposable を実装する場合は、オブジェクトは基本クラスの Dispose メソッドも呼び出す必要があります。

オブジェクトの Dispose メソッドが複数回呼び出された場合、そのオブジェクトは最初の呼び出し以外は無視する必要があります。 オブジェクトの Dispose メソッドを複数回呼び出す場合は、このオブジェクトから例外をスローしないようにします。 Dispose 以外のインスタンス メソッドでは、リソースが既に破棄されている場合に、ObjectDisposedException をスローできます。

割り当てられている状態と解放されている状態を示すために、リソースの種類に応じて特別な規則を使用する場合があります。 たとえば、ストリーム クラスは従来からオープン状態またはクローズ状態と見なされています。 そのような規則を持つクラスを実装する場合、Dispose メソッドを呼び出すパブリック メソッドに、Close などのカスタム名を付けて実装することもできます。

Dispose メソッドは明示的に呼び出す必要があるため、IDisposable を実装するオブジェクトは、Dispose が呼び出されなかった場合にリソースの解放を処理するファイナライザーも実装する必要があります。 既定では、メモリを再要求する前に、ガベージ コレクターがオブジェクトのファイナライザーを自動的に呼び出します。 ただし、Dispose メソッドが呼び出されていれば、破棄されたオブジェクトのファイナライザーをガベージ コレクターが呼び出す必要は通常ありません。 自動終了されないようにするには、Dispose 実装で GC.SuppressFinalize メソッドを呼び出します。

ファイナライザーの実装と Dispose メソッドの詳細については、GC クラス、Object.Finalize メソッド、および アンマネージ リソースをクリーンアップするための Finalize および Dispose の実装 の各トピックを参照してください。

StreamWriter などのアンマネージ リソースにアクセスするオブジェクトを使用するときは、using ステートメントでインスタンスを作成することをお勧めします。 using ステートメントは、使用しているコードが完了すると、ストリームを自動的に閉じ、オブジェクトの Dispose を呼び出します。 例については、StreamWriter クラスのトピックを参照してください。

Dispose メソッドを実装する方法を次の例に示します。


using System;
using System.ComponentModel;

// The following example demonstrates how to create
// a resource class that implements the IDisposable interface
// and the IDisposable.Dispose method.

public class DisposeExample
{
    // A base class that implements IDisposable.
    // By implementing IDisposable, you are announcing that
    // instances of this type allocate scarce resources.
    public class MyResource: IDisposable
    {
        // Pointer to an external unmanaged resource.
        private IntPtr handle;
        // Other managed resource this class uses.
        private Component component = new Component();
        // Track whether Dispose has been called.
        private bool disposed = false;

        // The class constructor.
        public MyResource(IntPtr handle)
        {
            this.handle = handle;
        }

        // Implement IDisposable.
        // Do not make this method virtual.
        // A derived class should not be able to override this method.
        public void Dispose()
        {
            Dispose(true);
            // This object will be cleaned up by the Dispose method.
            // Therefore, you should call GC.SupressFinalize to
            // take this object off the finalization queue
            // and prevent finalization code for this object
            // from executing a second time.
            GC.SuppressFinalize(this);
        }

        // Dispose(bool disposing) executes in two distinct scenarios.
        // If disposing equals true, the method has been called directly
        // or indirectly by a user's code. Managed and unmanaged resources
        // can be disposed.
        // If disposing equals false, the method has been called by the
        // runtime from inside the finalizer and you should not reference
        // other objects. Only unmanaged resources can be disposed.
        protected virtual void Dispose(bool disposing)
        {
            // Check to see if Dispose has already been called.
            if(!this.disposed)
            {
                // If disposing equals true, dispose all managed
                // and unmanaged resources.
                if(disposing)
                {
                    // Dispose managed resources.
                    component.Dispose();
                }

                // Call the appropriate methods to clean up
                // unmanaged resources here.
                // If disposing is false,
                // only the following code is executed.
                CloseHandle(handle);
                handle = IntPtr.Zero;

                // Note disposing has been done.
                disposed = true;

            }
        }

        // Use interop to call the method necessary
        // to clean up the unmanaged resource.
        [System.Runtime.InteropServices.DllImport("Kernel32")]
        private extern static Boolean CloseHandle(IntPtr handle);

        // Use C# destructor syntax for finalization code.
        // This destructor will run only if the Dispose method
        // does not get called.
        // It gives your base class the opportunity to finalize.
        // Do not provide destructors in types derived from this class.
        ~MyResource()
        {
            // Do not re-create Dispose clean-up code here.
            // Calling Dispose(false) is optimal in terms of
            // readability and maintainability.
            Dispose(false);
        }
    }
    public static void Main()
    {
        // Insert code here to create
        // and use the MyResource object.
    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

サポート対象:

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows XP SP2 x64 Edition, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.