情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

StringBuilder.Append メソッド (Char[], Int32, Int32)

Unicode 文字の指定した部分配列の文字列形式をこのインスタンスに追加します。

名前空間:  System.Text
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public StringBuilder Append(
	char[] value,
	int startIndex,
	int charCount
)

パラメーター

value
型 : System.Char[]
文字配列。
startIndex
型 : System.Int32
value 内の開始位置。
charCount
型 : System.Int32
追加する文字数。

戻り値

型 : System.Text.StringBuilder
追加操作が完了した後のこのインスタンスへの参照。

例外条件
ArgumentNullException

valuenull であり、startIndexcharCount が 0 以外の値です。

ArgumentOutOfRangeException

charCount が 0 未満です。

または

startIndex が 0 未満です。

または

startIndex + charCountvalue の長さを超えています。

または

このインスタンスの値を増やすと、MaxCapacity を超えます。

このメソッドは、value 内の指定した範囲の文字を現在のインスタンスに追加します。 valuenull であり、startIndexcount がいずれも 0 の場合、変更は実行されません。

Append(Char[], Int32, Int32) メソッドは、このクラスの既存のインスタンスを変更します。新しいクラス インスタンスは返しません。 このため、次の例に示すように、既存の参照についてメソッドまたはプロパティを呼び出すことができ、戻り値を StringBuilder オブジェクトに割り当てる必要はありません。


char[] chars = { 'a', 'b', 'c', 'd', 'e'};
System.Text.StringBuilder sb = new System.Text.StringBuilder();
int startPosition = Array.IndexOf(chars, 'a');
int endPosition = Array.IndexOf(chars, 'c');
if (startPosition >= 0 && endPosition >= 0) {
   sb.Append("The array from positions ").Append(startPosition).
             Append(" to ").Append(endPosition).Append(" contains ").
             Append(chars, startPosition, endPosition + 1).Append(".");
   Console.WriteLine(sb);
}             
// The example displays the following output:
//       The array from positions 0 to 2 contains abc.


このインスタンスの容量は、必要に応じて調整されます。

呼び出し時の注意

.NET Framework 4、および .NET Framework 4.5で、StringBuilder(Int32, Int32) のコンストラクターを呼び出して StringBuilder オブジェクトをインスタンス化するとき StringBuilder のインスタンスの長さと長さが両方の MaxCapacity プロパティの値を超えて拡張できます。 これは特に、短い文字列を追加するに AppendAppendFormat のメソッドを呼び出すときに発生します。

.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0、2.0、1.1、1.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

汎用性のあるクラス ライブラリ

サポート対象 : 汎用性のあるクラス ライブラリ

Windows ストア アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows 8

Windows Phone アプリ用 .NET

サポート対象 : Windows Phone 8、Silverlight 8.1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

表示:
© 2014 Microsoft