X509Certificate.Import メソッド (Byte[], String, X509KeyStorageFlags)

2013/12/12

バイト配列のデータ、パスワード、および秘密キーのインポート方法を決定するフラグを使用して、X509Certificate オブジェクトを設定します。

Namespace:  System.Security.Cryptography.X509Certificates
アセンブリ:  mscorlib (mscorlib.dll 内)

public virtual void Import(
	byte[] rawData,
	string password,
	X509KeyStorageFlags keyStorageFlags
)

パラメーター

rawData
型: System.Byte []
X.509 証明書のデータを含むバイト配列。
password
型: System.String
X.509 証明書データへのアクセスに必要なパスワード。
keyStorageFlags
型: System.Security.Cryptography.X509Certificates.X509KeyStorageFlags
秘密キーをインポートする場所と方法を制御する列挙値の 1 つ。

例外条件
ArgumentException

rawData パラメーターが null です。

または

rawData パラメーターの長さが 0 です。

このメソッドでは、バイト配列によって表される証明書のパスワードを使用して X509Certificate オブジェクトを設定できます。X509KeyStorageFlags 値を使用して、秘密キーをインポートする場所と方法を制御できます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft