ApplicationBarMenuItem クラス

2013/12/12

ApplicationBar のメニューに追加可能な項目。

System.Object
  Microsoft.Phone.Shell.ApplicationBarMenuItem

Namespace:  Microsoft.Phone.Shell
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public class ApplicationBarMenuItem : IApplicationBarMenuItem
<ApplicationBarMenuItem .../>

ApplicationBarMenuItem 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドApplicationBarMenuItem()ApplicationBarMenuItem クラスの新しいインスタンスを作成します。
パブリック メソッドApplicationBarMenuItem(String)指定した文字列を表示する ApplicationBarMenuItem クラスの新しいインスタンスを作成します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック プロパティIsEnabledメニュー項目で有効な状態を取得または設定します。
パブリック プロパティTextメニュー項目として表示する文字列を取得または設定します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントClickユーザーがメニュー項目をタップするときに発生します。
このページのトップへ

アイコン ボタン以外に、1 つまたは複数のテキスト ベースのメニュー項目を追加できます。このメニュー項目は、ユーザーが省略記号をクリックしたときにアイコン ボタンの下からスライド表示されるリストに表示されます。メニュー項目は、あまり使用頻度が高くないアプリケーション処理や、アイコンだけではわかりづらい処理に使用されます。詳細については、「Windows Phone のアプリ バー」を参照してください。

次の例では、XAML で 2 つのアイコン ボタンと 2 つのメニュー項目があるアプリケーション バーを作成します。サンプル全体については、「XAML で Windows Phone のアプリ バーを作成する方法」を参照してください。

<phone:PhoneApplicationPage.ApplicationBar>
    <shell:ApplicationBar Mode="Default" Opacity="1.0" IsMenuEnabled="True" IsVisible="True">

        <shell:ApplicationBarIconButton Click="Save_Click" IconUri="/Images/save.png" Text="save" />
        <shell:ApplicationBarIconButton Click="Settings_Click" IconUri="/Images/settings.png" Text="settings" />

        <shell:ApplicationBar.MenuItems>
            <shell:ApplicationBarMenuItem Click="MenuItem1_Click" Text="menu item 1" />
            <shell:ApplicationBarMenuItem Click="MenuItem2_Click" Text="menu item 2" />
        </shell:ApplicationBar.MenuItems>

    </shell:ApplicationBar>
</phone:PhoneApplicationPage.ApplicationBar>

次の例では、コードで 1 つのアイコン ボタンと 1 つのメニュー項目があるアプリケーション バーを作成します。サンプル全体については、「Windows Phone のコードを使用してアプリ バーを作成する方法」を参照してください。

using System;
using System.Windows;
using Microsoft.Phone.Controls;
using Microsoft.Phone.Shell;

namespace HowToCS
{
    public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
    {
        // Constructor
        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();

            ApplicationBar = new ApplicationBar();

            ApplicationBar.Mode = ApplicationBarMode.Default;
            ApplicationBar.Opacity = 1.0; 
            ApplicationBar.IsVisible = true;
            ApplicationBar.IsMenuEnabled = true;

            ApplicationBarIconButton button1 = new ApplicationBarIconButton();
            button1.IconUri = new Uri("/Images/YourImage.png", UriKind.Relative);
            button1.Text = "button 1";
            ApplicationBar.Buttons.Add(button1);
            button1.Click += new EventHandler(button1_Click);

            ApplicationBarMenuItem menuItem1 = new ApplicationBarMenuItem();
            menuItem1.Text = "menu item 1";
            ApplicationBar.MenuItems.Add(menuItem1);
            menuItem1.Click += new EventHandler(menuItem1_Click);
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            MessageBox.Show("Button 1 works!");
            //Do work for your application here.
        }

        private void menuItem1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            MessageBox.Show("Menu item 1 works!");
            //Do work for your application here.
        }
    }
}

アプリケーションの複数のページで再利用できるアプリケーション バーを作成する例を次に示します。サンプル全体については、「Windows Phone の複数のページでアプリ バーを再利用する方法」を参照してください。

<Application.Resources>

    <shell:ApplicationBar x:Key="GlobalAppBar" IsVisible="True" IsMenuEnabled="True">
        <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button1.png" Text="Button 1" Click="Button1_Click" />
        <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button2.png" Text="Button 2" Click="Button2_Click" />
        <shell:ApplicationBar.MenuItems>
            <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 1" Click="MenuItem1_Click" />
            <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 2" Click="MenuItem2_Click" />
        </shell:ApplicationBar.MenuItems>
    </shell:ApplicationBar>

</Application.Resources>

次の例では、アプリケーションの単一ピボット コントロールで使用できる 2 つのアプリケーション バーを作成します。サンプル全体については、「Windows Phone の単一 Pivot コントロールで異なるアプリ バーを使用する方法」を参照してください。

<Application.Resources>

    <shell:ApplicationBar x:Key="AppBar1" IsVisible="True" IsMenuEnabled="True">
        <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button1.png" Text="Button 1" Click="Button1_Click" />
        <shell:ApplicationBar.MenuItems>
            <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 1" Click="MenuItem1_Click" />
        </shell:ApplicationBar.MenuItems>
    </shell:ApplicationBar>

    <shell:ApplicationBar x:Key="AppBar2" IsVisible="True" IsMenuEnabled="True">
        <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button1.png" Text="Button 1" Click="Button1_Click" />
        <shell:ApplicationBarIconButton IconUri="/Images/appbar_button2.png" Text="Button 2" Click="Button2_Click" />
        <shell:ApplicationBar.MenuItems>
            <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 1" Click="MenuItem1_Click" />
            <shell:ApplicationBarMenuItem Text="MenuItem 2" Click="MenuItem2_Click" />
        </shell:ApplicationBar.MenuItems>
    </shell:ApplicationBar>
        
</Application.Resources>

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft