SecureElementReader クラス

2013/12/12

電話のセキュア エレメントとやり取りできるオブジェクトを表します。

System.Object
  Microsoft.Phone.SecureElement.SecureElementReader

Namespace:  Microsoft.Phone.SecureElement
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)

public class SecureElementReader : IDisposable

SecureElementReader 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティ静的メンバーCardEmulationModeワイヤレス NFC 無線リンクを介して外部の NFC 端末と通信するセキュア エレメントの機能に関する、ウォレット設定におけるユーザーの選択内容を取得します。
パブリック プロパティIsSecureElementPresentセキュア エレメントが存在するかどうかを示す値を取得します。
パブリック プロパティTsmRoutingIdセキュア エレメントを管理する Trusted Service Manager (TSM) を識別する ID を取得します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドDisposeSecureElementReader の現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeSecureElementReader オブジェクトによって使用されているリソースを解放します。 (Object.Finalize() をオーバーライドします。)
パブリック メソッド静的メンバーGetDefault既定の SecureElementReader オブジェクトを取得します。
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドOpenSessionセキュア エレメントに接続します。
パブリック メソッドRegisterSecureElementItemAsyncISecureElementItem をセキュア エレメントに登録します。
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントRegisterSecureElementItemCompletedセキュア エレメントへの登録が完了すると発生します。
このページのトップへ

機能

この API をアプリ内で使用する場合は、アプリ マニフェストで次の機能を指定する必要があります。この機能を指定しないと、アプリが正しく機能しないか、予期せずに終了することがあります。

ID_CAP_WALLET

Windows Phone 8

ID_CAP_WALLET_SECUREELEMENT

Windows Phone 8

詳細については、「Windows Phone のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

重要: 重要:

ID_CAP_WALLET_SECUREELEMENT の機能を使用するアプリを展開するには、特殊な権限を申請し、開発者アカウントにその権限を適用する必要があります。詳細について、または支援が必要な場合は、開発者サポートにお問い合わせください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2014 Microsoft