このトピックはまだ評価されていません - このトピックを評価する

PhotoCamera クラス

2013/12/12

Windows Phone スチル カメラ アプリケーションの基本カメラ機能を提供します。このクラスには、イメージ キャプチャ、フォーカス、解像度、およびフラッシュ モードなどの機能を有効にし、構成するためのメンバーが含まれます。また、カメラ フォーカス、イメージ キャプチャ、およびイメージ可用性のイベントも提供します。

System.Object
  Microsoft.Devices.Camera
    Microsoft.Devices.PhotoCamera

Namespace:  Microsoft.Devices
アセンブリ:  Microsoft.Phone (Microsoft.Phone.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。
public sealed class PhotoCamera : Camera

PhotoCamera 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドPhotoCamera()PhotoCamera クラスの新しいインスタンスを初期化します。
パブリック メソッドPhotoCamera(CameraType)指定した型のカメラ向けの PhotoCamera クラスの新しいインスタンスを初期化します。
このページのトップへ
  名前説明
パブリック プロパティAvailableResolutions使用可能な解像度をカメラに照会します。 (Camera から継承されます。)
パブリック プロパティCameraTypeCamera オブジェクトが表すカメラの型を取得します。デバイス上のカメラの場所を示します。 (Camera から継承されます。)
パブリック プロパティFlashModeフラッシュ モードを取得または設定します。サポートされていないフラッシュ モードは警告なしで既定値が Off に設定されます。
パブリック プロパティIsFocusAtPointSupportedカメラで、プログラムによりファインダーの特定のポイントを自動フォーカスできるかどうかを指定します。
パブリック プロパティIsFocusSupportedカメラでプログラムにより自動フォーカスできるかどうかを指定します。
パブリック プロパティOrientationカメラ センサーに合わせるためにファインダー ブラシを時計回りに回転させる必要がある角度を取得します。 (Camera から継承されます。)
パブリック プロパティPreviewResolutionPhotoCameraGetPreviewBuffer メソッドによって提供されるイメージの現在の解像度を取得します。このメソッドは、ライブ ファインダーで使用します。 (Camera から継承されます。)
パブリック プロパティResolutionカメラによりキャプチャされたイメージの解像度を取得または設定します。 (Camera から継承されます。)
パブリック プロパティYCbCrPixelLayoutカメラ プレビュー バッファーの YCbCr ピクセル レイアウトを取得します。
このページのトップへ
  名前説明
パブリック メソッドCancelFocus現在のフォーカス操作を取り消します。
パブリック メソッドCaptureImageファインダーに表示された現在のイメージの高解像度キャプチャを開始します。
パブリック メソッドDisposeイメージ ソース ストリームを破棄し、カメラ オブジェクトによって使用されているリソースを解放します。 (Camera から継承されます。)
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeガベージ コレクションによってカメラ オブジェクトが再利用される前に、アンマネージ リソースを解放し、他のクリーンアップ処理を実行します。 (Camera から継承されます。)
パブリック メソッドFocusカメラの自動フォーカス操作を起動します。
パブリック メソッドFocusAtPointファインダーでの特定のポイントへのカメラ自動フォーカス操作を開始します (この操作をサポートしているデバイスの場合)。
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetPreviewBufferArgb32現在のファインダー ARGB フレームを操作するためにバッファーにコピーします。
パブリック メソッドGetPreviewBufferY現在のファインダー フレームの輝度データを操作するためにバッファーにコピーします。
パブリック メソッドGetPreviewBufferYCbCr現在のファインダー フレームを操作するためにバッファーにコピーします。
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドIsFlashModeSupportedデバイスで特定のフラッシュ モードがサポートされているかどうかを判断します。
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ
  名前説明
パブリック イベントAutoFocusCompletedフォーカス操作が完了した後に発生します。
パブリック イベントCaptureCompletedキャプチャ シーケンスの完了時に発生します。
パブリック イベントCaptureImageAvailableイメージが使用可能である場合に発生します。
パブリック イベントCaptureStartedキャプチャ シーケンスの開始時に発生します。
パブリック イベントCaptureThumbnailAvailableサムネイル イメージが使用可能である場合に発生します。
パブリック イベントInitializedカメラ オブジェクトが初期化されたときに発生します。 (Camera から継承されます。)
このページのトップへ

Windows Phone 実行モデルを考慮するには、OnNavigatedTo(NavigationEventArgs) メソッドの PhotoCamera オブジェクトを初期化し、OnNavigatingFrom(NavigatingCancelEventArgs) メソッド中にカメラの Dispose メソッドを明示的に呼び出します。PhotoCamera および CameraButtons イベントのハンドラーを OnNavigatedTo(NavigationEventArgs) メソッドで追加し、OnNavigatingFrom(NavigatingCancelEventArgs) メソッドで削除します。

これらのメンバーの実装方法の例と詳細については、「Windows Phone の基本カメラ アプリを作成する方法」を参照してください。

重要: 重要:

multiple devices 写真のキャプチャがアプリケーションの主要機能ではない場合は、カメラ API を直接使用するのではなく、カメラ キャプチャ タスクを使用して写真をキャプチャすることを検討してください。カメラ キャプチャ タスクに割り当てられたメモリはアプリケーション メモリの合計使用量に含まれません。これにより、アプリケーションによるメモリ使用を最小限に抑えることができます。これは、アプリケーションが 低メモリ デバイス で実行されるときに特に重要です。詳細については、「低メモリの電話向けのアプリ開発」と「Windows Phone のカメラ キャプチャ タスクを使用する方法」を参照してください。

機能

この API をアプリ内で使用する場合は、アプリ マニフェストで次の機能を指定する必要があります。この機能を指定しないと、アプリが正しく機能しないか、予期せずに終了することがあります。

ID_CAP_ISV_CAMERA

Windows Phone 8, Windows Phone OS 7.1

詳細については、「Windows Phone のアプリ機能とハードウェア要件」を参照してください。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1
この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.