Windows Phone の XAML の概念

2013/12/05

対象: Windows Phone 8 | Windows Phone OS 7.1

このトピックで説明する概念は、プログラミング言語として C#、Visual Basic、または C++ を使用し、UI 定義に XAML を使用する場合、作成するすべてのアプリに一般的に当てはまります。

XAML は、アプリで表示されるユーザー UI 要素の作成に使用できる宣言型言語です。要素の作成後、各 XAML ファイルに個別の分離コード ファイルを関連付け、それによってイベントに応答し、XAML で宣言したオブジェクトを操作します。詳細については、「Windows Phone 用 XAML」を参照してください。

依存関係プロパティは、他の入力の値に基づいた値を持つ、特殊な種類のプロパティです。依存関係プロパティは、次の機能のサポートに役立ちます。

  • データ バインディング

  • スタイル

  • アニメーション

  • PropertyChanged 動作

  • メタデータによる既定値

  • 全般プロパティ システム ユーティリティとメタデータの参照

詳細については、「Windows Phone の依存関係プロパティ」を参照してください。

イベントは、アクションの発生を知らせるために、オブジェクトによって送信されるメッセージです。ルーティング イベントとは、オブジェクト ツリー内で子オブジェクトから、連続した各親オブジェクトに渡される (ルーティングされる) 可能性のあるイベントのことです。詳細については、「Windows Phone のイベント」を参照してください。

データ バインディングは、アプリがデータを表示し、データと対話するための簡単な方法を提供します。データを管理する方法とは別の方法で、データが表示されます。UI とデータ オブジェクトの間の接続 (バインド) を確立すると、データが UI とデータ オブジェクトの間を移動できるようになります。詳細については、「Windows Phone のデータ バインディング」を参照してください。

Model-View-ViewModel (MVVM) は、データを UI から分離する方法です。MVVM を使用して、開発者はデータ モデルをコーディングし、設計者は UI を作成することができます。詳細については、「Windows Phone アプリでの Model-View-ViewModel パターンの実装」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft