EdgeGestureEventArgs Class

端のジェスチャ イベントをトリガーしたユーザー入力の種類にアクセスできるようにします。

構文


/* このオブジェクトの作成とアクセスについては、「解説」を参照してください。 */

属性

[MarshalingBehavior(Standard)]
[Version(0x06020000)]

メンバー

EdgeGestureEventArgsクラス には次の種類のメンバーがあります。

メソッド

The EdgeGestureEventArgs クラス からメソッドを継承します。Object クラス (C#/VB/C++).

プロパティ

EdgeGestureEventArgsクラス には次のプロパティがあります。

プロパティアクセスの種類説明

Kind

読み取り専用Gets the type of user input that triggered the edge gesture event.

 

解説

このクラスは、edgeGesture.starting イベント、edgeGesture.canceled イベント、および edgeGesture.completed イベントの一部として返されます。

メモ  : このクラスはアジャイルではないため、そのスレッド モデルとマーシャリングの動作を考慮する必要があります。詳細については、「スレッド処理とマーシャリング (C++/CX)」および「Using Windows Runtime objects in a multithreaded environment (.NET) (マルチスレッド環境での Windows ランタイム オブジェクトの使用 (.NET))」を参照してください。

Windows Phone 8

この API は実装されていません。呼び出された場合は、例外をスローします。「Windows Phone ランタイム API」を参照してください。

要件

最小限サポートされるクライアント

Windows 8 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされるサーバー

Windows Server 2012 [Windows ストア アプリのみ]

最小限サポートされる携帯電話

Windows Phone 8 [実装されていません。"解説" を参照してください]

名前空間

Windows.UI.Input
Windows::UI::Input [C++]

メタデータ

Windows.winmd

参照

参照
Windows.UI.Input クラス
Windows.Devices.Input
Windows.UI.Core
Windows.UI.Input
Windows.UI.Input.Inking
Windows.UI.Xaml.Input
TypedEventHandler
概念
ユーザー操作に対する応答
共通ユーザー操作のためのガイドライン
Developing Windows Store apps (JavaScript and HTML) (Windows ストア アプリの開発 (JavaScript および HTML))
JavaScript での Windows ランタイムの使用
タッチ操作の設計
サンプル (DOM)
HTML のスクロール、パン、およびズームのサンプル
入力: DOM ポインターのイベント処理サンプル
入力: インスタンス化可能なジェスチャのサンプル
サンプル (Windows ストア アプリ API)
端のジェスチャの呼び出しのサンプル
入力: デバイス機能のサンプル
入力: インクのサンプル
入力: 操作およびジェスチャ (JavaScript) のサンプル
入力: 簡略化されたインクのサンプル
入力: Windows 8 ジェスチャのサンプル
入力: XAML ユーザー入力イベントのサンプル
XAML のスクロール、パン、およびズームのサンプル
サンプル (DirectX)
DirectX のタッチ入力のサンプル
入力: 操作およびジェスチャ (C++) のサンプル
入力: タッチのヒット テストのサンプル
サンプル (Win32/デスクトップ)
入力ソース特定サンプル
タッチ挿入のサンプル
Win32 タッチのヒットテストのサンプル

 

 

表示:
© 2014 Microsoft