情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

方法: Windows Phone のパフォーマンス分析を使用してパフォーマンス データをキャプチャおよび分析する

2012/02/09

Windows Phone Performance Analysis ツールを使用して、Windows Phone アプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。プロファイル セッションでサンプル パフォーマンス データを収集した後、そのデータを表示し分析します。1 つのプロファイル セッションでアプリケーションの実行パフォーマンスまたはメモリ使用量を分析できます。このトピックでは、Performance Analysis ツールを使用して実行またはメモリ使用量のデータを取得し分析する方法について説明します。

アプリケーションのプロファイルでは最初にアプリケーションの使用中にパフォーマンス データを取得します。取得されたデータは拡張子 .sap のパフォーマンス ログ ファイルに保存されます。アプリケーションのログ ファイルを作成した後、アナライザーにはパフォーマンスの向上に使用できる、アプリケーションに関する詳細情報が表示されます。

パフォーマンス データを取得するには

  1. Visual Studio で Windows Phone OS 7.1 を対象とする Windows Phone プロジェクトを開きます。

  2. プロジェクトをビルドします。

    最適なプロファイル結果を得るため、リリース ビルドを作成してください。詳細については、「方法: Visual Studio を使用して Windows Phone アプリケーションをビルドおよび配置する」を参照してください。

  3. 標準のツール バー上でターゲット デバイスを選択します。

    最適なプロファイル結果を得るため、Windows Phone エミュレーターではなく、Windows Phone デバイスを対象としてください。

  4. [デバッグ] メニューの [Windows Phone Performance Analysis の起動] をクリックします。Windows Phone OS 7.0 を対象とする場合、このメニュー オプションは無効になります。

    ヒントヒント:

    Visual Studio Premium または Ultimate を使用している場合、[Performance Analysis の起動] ではなく [Windows Phone Performance Analysis の起動] を選択してください。

    Visual Studio のタブに空白のパフォーマンス ログ (.sap ファイル) が表示されます。.sap ファイルの名前はプロジェクト名、日付、およびタイム スタンプの組み合わせを使用して自動的に指定されます。プロジェクトのログ ファイルは、削除しない限り、すべてプロジェクトと共に保存されます。

    最初、パフォーマンス ログでは、分析するパフォーマンス オプションを選択できるようにする設定が表示されます。

    注注:

    リリース ビルドを指定しないか、デバイスにアプリケーションを配置しない場合、設定の下に警告が表示されます。

    次の図は、空のパフォーマンス ログと設定を示しています。

    Windows Phone プロファイラー [起動] 画面
  5. ビジュアル項目の描画とコードのメソッド呼び出しのパフォーマンスを分析するには、設定で [実行] を選択します。

    または

    アプリケーションのオブジェクト割り当てとテクスチャの使用を分析するには、[メモリ] を選択します。

    通常、アプリケーションにメモリの問題があることがわかっている場合以外は、[実行] を選択してください。

  6. また、[詳細設定] をクリックすると、キャッシュ詳細情報を収集するかどうか、詳細なパフォーマンス カウンターを収集するかどうか、メモリ割り当て先のスタック深度など、アプリケーションの分析オプションをさらに表示できます。プロファイル セッションに必要な追加設定を選択します。

  7. 選択が終了したら、[アプリケーションの起動] をクリックしてプロファイル セッションを開始します。指定したターゲットに対するアプリケーションが起動します。

  8. 通常のユーザーと同様に、アプリケーションを使用しアプリケーション内を移動します。スクロールが滑らかでない、ユーザー インターフェイスの応答がないなど、アプリケーションで以前に観察したパフォーマンスの問題がある場合、プロファイル セッション中にアプリケーションでそれらの機能を確認し、使用してください。タイマーを使用し、アプリケーションの問題領域を実行した時間をメモに取っておくと、後でパフォーマンス ログで分析できます。次の図は、進行中のプロファイル セッションを示しています。

    Windows Phone プロファイラー、「進行中」
  9. アプリケーションの操作が終了したら、プロファイル セッションを停止します。[戻る] ボタンをクリックするかタップすると、アプリケーションは終了します。また、Visual Studio に切り替え、パフォーマンス ログ (.sap file) が入ったタブを選択し、[プロファイルの停止] をクリックして、プロファイル セッションを停止することもできます。

    注注:

    常にプロファイル セッションを停止するときは、[戻る] ボタンを使用してアプリケーションを終了するか、[プロファイルの停止] をクリックしてください。デバイスまたはエミュレーターを切断してプロファイル セッションを停止すると、サンプリング エラーが発生することがあります。

パフォーマンス データを分析するには

  1. ソリューション エクスプローラーでパフォーマンス ログ (.sap) ファイルをダブルクリックして Visual Studio で開きます。プロファイル セッションを終了したばかりである場合、このパフォーマンス ログ ファイルは Visual Studio で既に開いています。

    プロファイル セッションのグラフが Visual Studio に表示されます。

  2. グラフを使用してプロファイル セッション中のアプリケーションのフレーム レート、CPU 使用量、メモリ使用率、ストーリーボード、イメージ読み込み、およびガベージ コレクション イベントを調べます。グラフ セクションの詳細については、「Windows Phone のパフォーマンス分析」を参照してください。

  3. アプリケーションの特定の問題を識別するには、グラフ化されたタイムラインで領域を選択します。タイムラインの選択部分の詳細情報がグラフの下にあるパフォーマンス分析の概要に表示されます。

    次の図は選択領域の例とパフォーマンス分析セクションの結果を示します。

    Windows Phone プロファイラー、タイムラインの強調表示時
  4. パフォーマンス分析表には、次のアイコンで識別される 3 種類のエントリが表示されます。

    • 情報アイコン 情報項目

    • 警告アイコン 警告項目

    • プロファイラー エラー アイコン エラー項目

  5. 情報アイコン 情報警告アイコン 警告、および プロファイラー エラー アイコン エラーの各エントリについて、情報項目、警告項目、またはエラー項目のソースをさらに調べるには、[監視の概要] 列の指示に従ってください。[パフォーマンス警告] ナビゲーション ツール バーで何を選択し、結果ビューで何を探すかが説明されています。ナビゲーション ツール バーで [パフォーマンス警告] をクリックすると、他のビューが非表示になり、パフォーマンス分析の概要に戻ります。次の図は、CPU 使用状況ビューを表示するため展開されたナビゲーション ツール バーを示します。

    パフォーマンス警告ナビゲーション ツールバー、展開時

    一般的なパフォーマンスの問題の詳細については、「方法: Windows Phone Performance Analysis を使用して一般的なパフォーマンスの問題を識別および解決する」を参照してください。

表示:
© 2014 Microsoft