情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。
1 人のうち 1 人が、役に立ったと評価しています - このトピックを評価する

Windows Phone Marketplace 用のアプリケーションの開発と公開の概要

2012/02/09

完成したアプリケーションは、Windows Phone Marketplace で販売することができます。ユーザーは、1 つの場所からアプリケーションの購入やダウンロードを行うことができます。また、支払いは自動的に処理されます。Windows Phone Marketplace におけるアプリケーションのマーケティングに関する一般的なガイドラインについては、「アプリケーションのマーケティングを行うためのベスト プラクティス」を参照してください。

このトピックでは、Windows Phone Marketplace で配布するためにアプリケーションを提出する手順について説明します。Windows Phone アプリケーションの開発ライフサイクルは、次の一般的な手順で構成されます。

  1. Windows Phone 開発者としての登録

  2. アプリケーションの開発とテスト

  3. 証明書の前提条件のアセンブル

  4. 証明書のためのアプリケーションの送信

  5. Windows Phone Marketplace Catalog でのアプリケーションのリンク

  6. Windows Phone Marketplace でのアプリケーションの更新

  7. サポート

注注:

ユーザーがアプリケーションから Windows Phone Marketplace と対話できるようにするには、「Windows Phone のランチャー」を参照してください。

App Hub は、Windows Phone 開発者として メンバーシップ 登録できる Web サイトです。また、App Hub は Windows Phone Marketplace で配布するためにアプリケーションを提出して管理できるサイトです。テストのために物理的な電話にアプリケーションをインストールするなど、一部の開発タスクは App Hub メンバーシップを必要とするため、アプリケーションの作成を開始する前に、Windows Phone 開発者として登録する必要があります。

登録手順については、「App Hub 登録のチュートリアル」を参照してください。登録に関してよくある質問については、「登録」のよくある質問 (FAQ) を参照してください。

これで、Windows Phone アプリケーションの開発を始める準備ができました。「Windows Phone 開発の概要」のトピックには、開発を始めるのに必要なすべての情報へのリンクがあります。「Windows Phone のコード サンプル」は新機能をすぐに実装できるようにします。また、「コンテンツ カタログ」には初心者からエキスパートまでに役立つ、さまざまな記事、チュートリアル、ユーティリティがあります。完全な Windows Phone SDK ドキュメントについては、「Windows Phone の開発」を参照してください。

アプリケーションの開発とテスト

Windows Phone エミュレーターと物理的な Windows Phone デバイスの両方を使用し、アプリケーションを開発してテストできます。Windows Phone エミュレーターの詳細については、「Windows Phone SDK ツール」を参照してください。開発およびテスト作業のために電話のロックを解除する方法については、「Windows Phone での展開とテスト」を参照してください。

アプリケーションのアイコンの準備

ユーザーの電話にインストールされたアプリケーションを表す画像には、[スタート] 画面のタイルとインストールされたアプリケーション (またはゲーム) の一覧のタイルがあります。これらのファイルが Windows Phone アプリケーション プロジェクトに存在します。認定のためにアプリケーションを提出するときは、これらのファイルを .XAP ファイルに含める必要があります。詳細については、「アプリケーションのアートワーク」を参照してください。

Marketplace Preparation Test Kit

Marketplace Test Kit は自動テスト、監視テスト、手動テストのスイートです。このツールは、Marketplace に初めて提出したときにアプリケーションが認定されることを確実にするのに役立ちます。Marketplace Test Kit を使用すると、Visual Studio の認定の要件に対してアプリケーションをテストできます。詳細については、「Windows Phone Marketplace Test Kit」を参照してください。

以下の 2 つのサブセクションでは、アプリケーションを提出する前の主要な前提条件を説明します。条件のチェックリストについては、「アプリケーション申請のチェックリスト」を参照してください。

.XAP ファイル

Visual Studio でアプリケーションを完成してプロジェクトをビルドすると、Visual Studio はアプリケーションの .XAP ファイルを作成します。.XAP ファイルには、実行可能ファイルとアプリケーションが必要とするすべてのリソースが含まれています。申請手順でアップロードする必要があるアプリケーション ファイルは、.XAP ファイルのみです。詳細については、「アプリケーションのアップロード」を参照してください。

アプリケーションのアートワーク

認定のためにアプリケーションを提出するときは、Windows Phone Marketplace カタログでアプリケーションを表わすアートワークを提供する必要があります。詳細については、「アプリケーションのアートワーク」を参照してください。

前提条件をアセンブルすると、アプリケーションを認定のために App Hub に提出する準備ができます。認定要件の完全な一覧については、「Windows Phone のアプリケーション認定の要件」を参照してください。アプリケーションが認定要件を満たすと、通知されます。申請手順で自動公開を選択した場合は、アプリケーションが自動的に公開されます。そうでない場合は、App Hub ダッシュボードからアプリケーションを手動で公開できます。アプリケーションの申請については、App Hub ダッシュボードからいつでも確認できます。

アプリケーションの申請方法の手順については、「アプリケーション申請のチュートリアル」を参照してください。認定に関してよくある質問については、「証明書」のよくある質問 (FAQ) を参照してください。

アプリケーションが公開されると、Windows Phone Marketplace カタログに表示されます。ユーザーが Windows Phone Marketplace カタログ内のアプリケーションに直接移動できるリンクを作成することもできます。このリンクは電子メール、テキスト メッセージ、アプリケーションで使用できます。詳細については、「方法: Windows Phone Marketplace のコンテンツにリンクする」を参照してください。

アプリケーションの公開後に、アプリケーションを変更してユーザーに新しいバージョンをリリースするには、アップデートを提出する必要があります。詳細については、「Windows Phone Marketplace でのアプリケーションの更新」を参照してください。

Windows Phone アプリケーションの開発ライフサイクルのあらゆる段階でヘルプを得られる場所は数多くあります。App Hub には、コミュニティー フォーラムがあります。ここでは、質問の投稿、アドバイスの提供、または Windows Phone プログラミングの詳細なディスカッションなどを行えます。

また、以下の場所にもヘルプや情報があります。

この情報は役に立ちましたか。
(残り 1500 文字)
フィードバックをいただき、ありがとうございました
表示:
© 2014 Microsoft. All rights reserved.