XmlSerializer コンストラクター (Type, XmlRootAttribute)

2013/12/12

指定した型のオブジェクトを XML ドキュメントにシリアル化したり、XML ドキュメントを指定した型のオブジェクトに逆シリアル化したりできる、XmlSerializer クラスの新しいインスタンスを初期化します。また、XML ルート要素として使用するクラスを指定します。

Namespace:  System.Xml.Serialization
アセンブリ:  System.Xml.Serialization (System.Xml.Serialization.dll 内)

public XmlSerializer(
	Type type,
	XmlRootAttribute root
)

パラメーター

type
型: System.Type
XmlSerializer がシリアル化できるオブジェクトの型。
root
型: System.Xml.Serialization.XmlRootAttribute
XML ルート要素を表す XmlRootAttribute

XML ドキュメントのルート要素には、他のすべての要素が入っています。既定では、type パラメーターで指定されたオブジェクトがルート要素としてシリアル化されます。ルート要素の XML 要素名などのプロパティは、type オブジェクトから取得されます。ただし、root パラメーターで、XmlRootAttribute を指定することにより、既定のオブジェクトの情報を置き換えることができます。このオブジェクトにより、別の名前空間や要素名などを設定できます。

Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2014 Microsoft