バグの表示と管理

Windows® バグ管理サービスにバグを提出した後や他のユーザーが提出したバグに関するアクティビティを追跡している場合は、Windows(R) ハードウェア デベロッパー センターまたは Windows(R) デスクトップ アプリ デベロッパー センターのダッシュボード Web サイトの [Bug management] (バグ管理) ページからこれらのバグを表示したり、管理したりできます。

提出されたバグの表示

次に示す作成済みフィルターのいずれかを使って、目的のバグを表示できます。

 

フィルター 表示内容

My company (会社)

自分の会社または組織によって (対して) 公開されたすべてのバグ。

My assigned (割り当て)

自分に割り当てられているすべてのバグ。

My opened (オープン)

自分が作成したすべてのバグ。

My feature (機能)

製品の特定の機能に関連するすべてのバグ。

My watchlist (ウォッチリスト)

ウォッチ用のマークが付けられたすべてのバグ。

提出されたバグを検索するには

  1. Windows(R) ハードウェア デベロッパー センターまたは Windows(R) デスクトップ アプリ デベロッパー センターから、Microsoft アカウントを使ってダッシュボードにサインインします。

  2. ウィンドウの左側の [Bug management] (バグ管理) をクリックします。

  3. [Bug management] (バグ管理) ページの [View bugs] (バグの表示) タイルで、使うフィルターをクリックします。

一覧が更新され、目的のバグが表示されます。

バグを表示して編集するには

  1. バグを開くには、バグ ID をクリックします。

  2. バグのフィールドを編集するには、[Edit] (編集) をクリックします。

  3. バグに加えた変更を Microsoft に提出するには、ページ上部の [Save] (保存) をクリックします。

バグの管理

バグ ID をクリックした後は、バグへのファイルの添付、バグの履歴の表示、重複するバグの解決などの操作を行うことができます。

ファイルをバグに添付するには

Microsoft でのバグのデバッグに役立つファイルをバグに添付してアップロードできます。Microsoft によってバグに添付されたファイルを表示することもできます。

  1. バグの [Details] (詳細) ページの下部にある [Files] (ファイル) タブをクリックします。

  2. [Select file(s) to upload] (アップロードするファイルの選択) をクリックします。

  3. ファイルを選び、[Open] (開く) をクリックします。

  4. アップロードが完了したら、[Save] (保存) をクリックして、アップロードしたファイルと共にバグを Microsoft に提出します。

  5. アップロードしたファイルが [Files] (ファイル) タブに表示されます。

添付ファイルを表示または保存するには

  1. [Files] (ファイル) タブをクリックし、[Download File] (ファイルのダウンロード) をクリックします。

  2. [Open] (開く) または [Save] (保存) をクリックします。

ファイルを削除するには

  1. ファイル名の横にある [Delete] (削除) ボタンをクリックします。

noteメモ
ファイル名の横に [Delete] (削除) ボタンが表示されない場合は、同じ名前の複数のファイルがバグに添付されていることを示します。その場合は、Microsoft にファイルの削除を依頼する旨の文を説明フィールドに追加してください。

バグの履歴を表示するには

バグの履歴では、自分と Microsoft によって実行されたすべてのアクションを表示できます。このビューには、すべての編集、状態の変更、その他のタスクが表示されます。自分の会社に属するバグに変更を加えるたびに、サイトへの登録時に入力したメール アドレスが表示されます。

履歴情報は変更できません。履歴情報は、バグの有効期間にわたってバグに関連付けられます。バグが転送または再アクティブ化された場合でも、履歴は残ります。

  1. バグの [Details] (詳細) ページの下部にある [History] (履歴) タブをクリックします。

バグの重複を表示するには

重複しているバグを解決できます。

  1. バグの [Details] (詳細) ページの上部にある [Resolve Bug] (バグの解決) アイコンをクリックし、重複しているバグの ID を入力します。

  2. バグ ID が有効な場合は、ページの下部の [Duplicates] (重複) タブにそのバグ ID が表示されます。

    noteメモ
    同じプライマリ バグの重複として他のバグが解決された場合は、そのバグ ID がここに表示されます。

    • [PrimaryType] (プライマリ タイプ) エントリには、バグの [Status] (状態)、[Resolution] (解決)、[Changed Date] (変更日)、[ETA for Fix] (修正の ETA)、[Fix Build][Fix Available Branch] (修正の利用可能なブランチ) 情報が表示されます。これには、Microsoft のバグまたは自分の会社に属するバグが該当します。

    • ハイパーリンク付きのバグ ID は、重複リストにあるバグが自分の会社に属していることを示します。リンクをクリックすると、バグの [Details] (詳細) ページが表示されます。

    • テキストのみのバグ ID は、重複リストにあるバグがプライマリ バグではなく、自分の会社に属していないことを示します。

  3. 適宜、内部 Windows データベースが更新されます。

関連項目

概念

バグ管理

表示:
© 2014 Microsoft