Device Metadata Authoring (デバイス メタデータの作成) ウィザードでのパッケージの確認と保存

ウィザードのすべてのタブでの作業が終わったら、パッケージを確認して保存します。

パッケージを確認するには

  1. [Finish] (完了) タブをクリックします。
  2. [Summary information] (要約情報) の下に表示されたすべての情報を確認します。
  3. エクスペリエンス ID をメモします。Windows ストア デバイス アプリを作っている場合は、StoreManifest.xml (Windows ストアに提出する最終的な Windows ストア アプリに含める必要があるファイル) にこの ID を含める必要があります。
  4. 必要に応じて、赤色で表示されたエラーを確認し、該当するタブで修正します。

パッケージを保存するには

  1. [Finish] (完了) タブをクリックします。
  2. [Save As] (名前を付けて保存) で、[Windows 8 Package] (Windows 8 パッケージ) の横のパッケージ名を確認します。
  3. [Folder location] (フォルダーの場所) で、パッケージを保存するコンピューター上の場所を確認します。別の場所を選ぶ場合は、[Change] (変更) をクリックします。
  4. メタデータ パッケージを PC にインストールしてテストする場合は、[Copy packages to your system's local metadata store] (パッケージをシステムのローカル メタデータ ストアにコピーする) を選びます。
  5. [Finish] (完了) をクリックします。

 

 

表示:
© 2014 Microsoft